【就活失敗!?】新卒半年で転職した先輩が語る「インターンの意義」

date_range 2023/11/07
人事ブログ
久保田 しの
しくじり

こんにちは!

株式会社ガーディアン 人事 久保田しのです!


実は私、

2023年3月までは、ガーディアンの長期インターン生として、

2023年4月からは、別の会社で新卒として働いていました。

ですが、他の会社で働くなかで価値観の相違に気づき、転職を決意し、

2023年10月に、ガーディアンに再ジョインさせていただくことになりました!


この転職は、「就活に失敗した」ということだと認識しています。


それを踏まえ、今、人事の業務をしているからこそ、

この半年で、自分自身に何が起き、何を考え、どう行動していたのか

ということについて、就活中&就活を控えている長期インターン生に対して、

体験談講座を開催いたしました!


この記事では、その講座の内容も含みつつ、

就活中・就活を控える学生の皆さんに私だから伝えられることを伝えていきたいと思います♪

目次

価値観って大事。体験したからこそ、わかったこと。

入社式

まずは、半年間、私に何が起こっていたのかを伝えられる範囲で、お伝えしたいと思います!


☆:;;:・:;;:・:;;:・:;;:・:;;:☆:;;:・:;;:・:;;:・:;;:・:;;:☆:;;:・:;;:・:;;:・:;;:・:;;:


ガーディアンでインターン業務を全うし、皆さんに送り出していただいた3月末。

そのまま、期待に胸を膨らませて、内定先企業に入社をしました。

(上の画像も入社当日の写真です。ワクワクしてそうな顔をしてますね笑)


実際に、日々学びながら働いていたのですが、早速、6月に心身ともに体調を壊してしまいました。

そこで、「何が私を追い込んでいるのか?」と疑問に思い、

その疑問と、そして自分と、しっかり向き合おうと決めました。


そうして、向き合った結果、明らかになったのが、

利益に対する考え方、評価の基準などに関する、

「会社と自分との価値観の違い」です。


日々目の前のことに精一杯で気づいていなかっただけで、

【常に自分の信念に背いた業務をしていた。】

これが、まさに自分を追い込んでいた原因でした。


そこから、その会社の中で、自分の信念を貫きながら気持ちよく働けるよう考え、

上長にも相談し、配慮もしていただきました。


でも、それでも、


自分が少しずつ結果を出せるようになってきた時、

もう少しで、利益目標を達成できそうという時、


自分が今まで「絶対に嫌だ」と、頑なに拒んでいた、

「利益先行の行動を取りたい」と一瞬でも思ってしまった自分がいました。


自分の信念を貫きたい自分と、利益を出して評価されたい自分との葛藤

がまさに起こっていました。


そして、自分は苦しいのに、でも周りは楽しそうに働いていて、

自分のことを開示することですら、どんどんできなくなってしまいました。


そこで、インターン時代にお世話になっていた、

同期の齋藤くんや、上長だった知念さんに相談をし、


「価値観が合わないところで、それ以上働くな。早く来い」

と強く伝えていただきました。


そこで、転職を決意し、

お客様のことを第一に考えている

・絶対にお客様のためになるサービスを提供している

・みんなが人としての成長のために努力している

そんなガーディアンでまた働きたいと思い、復帰をお願いすることになりました。


☆:;;:・:;;:・:;;:・:;;:・:;;:☆:;;:・:;;:・:;;:・:;;:・:;;:☆:;;:・:;;:・:;;:・:;;:・:;;:


就活をしていた時にも、「会社の価値観を知ることは大事」だとよく教えてもらっていました。

自分自身の経験を通して、その大事さの意味をやっと理解でき、

会社の価値観に共感できるかどうかが自分自身を蝕む可能性があるということを痛感しました。

自己分析?企業分析?実際のしくじりポイントはどこ?

昔の写真

(↑社長の青山さんとインターンの頃に撮った写真…もはや懐かしい…↑)


そんなこんなでなんとか半年間働き、転職することになった私ですが、

結局、何に失敗していたのか、これを機に考えてみました。


一番大きな失敗は、就活時に

「モヤモヤに見て見ぬふりをしたまま内定を承諾した」

ということだったと思います。


元々、前職には、

・目標に向かって貪欲に頑張る人が多い

・常に追いかけたいと思える人がいる

という、「人」の面で一緒に働きたいと思うことが多く、内定承諾を決意しました。


でも、その中でも、

この会社ってどんなふうに社会に貢献しようとしているのか?

なぜこのビジネス形態なのか?

という疑問もあり、人事や社員の方とも話をしましたが、

やはり自分の価値観と合っていなかったのか、腑に落ちる回答は得られませんでした。


それでも、自分が大切にしたい「人」という面では十分だし、

まあ、そこまで大きな問題ではないか。

と見て見ぬふりをしてしまっていました。


なので、私のようにならないためには、

そういった疑問に見て見ぬふりをせず、行動を起こすことだと思います。

そして、そもそも、自分が疑問を抱いているということを知ることが大事なんです。


会社の人が教えてくれないなら、他の大人に頼ることもできるはずです。

特に、ガーディアンであれば、社長である青山さんは、社会のいろんなことを知っている方です。

そのような方に話を聞いて、自分の疑問を解消できるまで行動し続けることが、

就活においてはすごく大事だと感じています。

学生へのメッセージ:「長期インターンを就活に生かす」の本当の意味とは?

インターン集合

そして、もう一つの失敗として、特に学生の方に伝えたいことがあります。


就活をしていると、「長期インターンは就活に生きる」という言葉を耳にしませんか?


でも、それって本当はどういう意味なんでしょうか??


私は、学生の頃は、

・「ガクチカ」として語れるから。

・ビジネスマナーを身につけることができるから。

という意味だと思っていました。


それも間違いではないですが、今だから言えることがあります。

それは、

「なぜその長期インターン頑張れているかを考える」ことが非常に大切だということです。


今、もしくは、これから長期インターンをする場合、

そのインターン企業の、どういう業務・理念・考えに共感できて頑張れるのか、

もしくはどういったところには共感ができないのか。

これをしっかりと考え、言語化し、就活での決断に活用する。


これこそが、「長期インターンを就活に生かす」ということなのではないかと今は思っています。

ただ、「仕事だから楽しい」で終わらせることなく、

せっかく企業で働くという経験をしているのだから、ぜひ本質的に就活に生かしてほしいと思います!


そして、何より、ここまで色々なことを書いてきましたが、

やはり、企業には、


入ってみないとわからない

やってみないとわからない


ことが山ほどあります。


だからこそ、

自分の気持ちに素直になり、その気持ちを受け入れ、

仲間や会社のことを知り、その上で行動を決める。

こういった姿勢が大事になってくると思います。


皆さんが、自分自身に嘘をつかず、

自然な笑顔のまま、自分に合った会社で働けることを心より願っています!


頑張れ!!就活生!!

人物

人事の久保田です!


いかかでしたか?

私の就活失敗談を赤裸々に語らせていただきました。

少しでも参考になる部分があれば嬉しいです!


今はガーディアンで自分らしくいられることが何より嬉しく、モチベーションも上がり続けています!

受け入れてくださったことに感謝を忘れずに、これから頑張っていきます!


そんなガーディアンでは長期インターン生も募集しておりますので、

ぜひ学生のうちに大切なことを学びたい!と思っている方はチャレンジしてみてくださいね♪

GUARDIAN’Sが語る