25卒26卒必見! インターンから正社員で成長した先輩社員の声

date_range 2023/12/26
人事ブログ
鈴木 はるな
人事

目次

Q.ガーディアンを選んだ理由

社会人として自立した女性になるため



初めは、雑貨の企画の道に進もうと思っていました。ですが、雑貨の企画をするためには、まずは店員→ザブ店長→店長→企画という長い道のりがあったのです。将来販売員をしてこのまま何もせず、転職をすると考えた時、10年20年後の自分は社会にでて社会人として自立していけないと考えていました。
内定をもらえるかもらえないか悩んでいた時に、ちょうど同期の齋藤に相談したところ、「うちのインターンくる?」の一言で私の人生が大きく変わりました。
軽い気持ちで参加したのですが、そこで社長の青山さんに出会い、「君は社会にでたら困るからうちにおいで」と手を差し伸べてくれたのがきっかけでインターンを始めました。ガーディアンのミス上等やチャレンジさせてくれる環境。そしてなにより、周りの社員さんが自分を見捨てずに教えてくれた社風に惹かれました。
自分の将来を考えた上でやっぱり成長して自立した女性になりたいと思いガーディアンへ入社を決意しました。

Q.インターンに入る前と入ったあとのギャップ いい意味と悪い意味

他の企業の新卒よりも成長スピードが早い



いい意味では

他の企業の新卒よりも成長スピードが早く、自分自身でも成長してると実感できる事です。
またインターン生の頃とは違って、社員になると業務量が多くなります。
毎日が時間との勝負なので、悲鳴を上げながら業務を行っています。(笑)
ですが、私は時計をずっと見てしまうほど暇な業務は好きではないので、仕事がある事に感謝をしています!


悪い意味では
ルールが厳しいところです。
例えば、
・翌営業日始業時における出勤簿の未記載および誤記載
・個人間LINEの禁止ルール抵触
・遅刻・欠勤・早退を月に3回で減給
などガーディアンにはいくつかルールがあります。
インターン生の頃は、ルールが厳しいなと感じていましたが、社会にでたらあたり前のことなので今では厳しいと感じることはありません。

Q.インターン生の時に比べて成長したと実感しているか

人事

立ち向かえる環境があったからこそ成長している



確実に成長していると思っています。
私は周りにいる学生よりも頭がすぐれておらず、大勢の人前で話すことの苦手意識がありました。
いきなり社長の青山さんに「全国の大学を訪問してインターン生を採用してくるように」というミッションをいただきました。最初に思ったことは「自分には無理だ」とネガティブなことばかり考えていたのです。
ガーディアンでは「ミス上等、チャレンジの証拠」とミスをしてもいいからチャレンジしなさいと背中をおしていただきました。
色んなことに失敗と苦戦を繰り返しながらも、立ち向かえる環境があったからこそ今では、独りで大学の訪問や入社オリエンテーションをする事ができるようになりました。
経験させていただける社風と私の背中をおしてくれる社員さんや仲間がいたからこそ今の私があり、その環境と仲間に感謝しております!

Q.今楽しいのか

確実にできるようになってきている



はい!楽しいです!
多数の業務を1つずつ着々と覚えていき、時には厳しいと感じる時もありますが、インターン生の頃に比べると確実にできるようになってきていることがとても嬉しく、楽しいです!

Q.この先やってみたい業務・チャレンジしていきたいことは何か

人事

みんなに頼られる人事になりたい



人事としてより頼りにされる存在となりたいと考えています。そのためには、社内のインターン生や社員さん・アルバイトさんと積極的にコミュニケーションをとり、信頼関係を構築していきたいです。そして働きやすい環境を築くためには、社内のみんなの声を聞き入れ、活かすことが大切だと感じています。また、新しいアイディアや制度を取り入れ、チーム全体がモチベーションを高め成長できるような声がけをしていきたいと考えています。これによって、人事としての役割を拡大し、社内のみんなにとって頼りにされる存在になりたいと思います。

現役インターン生に一言

やりたいコトに向けて自分がどう成長していきたいかが大切だと思います。

みなさん夢を持っている人もいれば、もっていない人もいるのではないでしょうか。
やりたい仕事を最初からできる人というのは少ないと思います。
大手だから、福利厚生がいいからと入社を決めたとしても、入ってからやりたい仕事じゃなかった!とすぐに辞めてしまうという話をよく耳にします。

まずは与えられた仕事・環境に対して自分がどう成長していきたいかが大切です。
自分の将来をよく考えて決めてほしいと思います!

GUARDIAN’Sが語る