コンテンツライティングでSEOに効果的なサイトを作るには

date_range 2023/02/15
G!FITブログ
石島 さやか
表紙

こんにちは!

GIFITのさやかです🌻


自社のサイトを持っているけれど、集客に繋がらない

と悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

せっかくホームページを持っているなら、検索上位を目指したものにしたいですよね!


弊社が独自開発したOWLetにはコンテンツライティングシステムが備わっており、SEO対策に特化した記事が完成できます。


さっそく、OWLetに備わっている「コンテンツライティングシステム」とはどのようなものなのかご紹介します。


目次

コンテンツライティングとは?

コンテンツライティングとは、検索エンジンで検索された際に上位表示されるよう、

ユーザーのニーズに沿ったコンテンツを書くことです。


現在ネット上には非常に多くのサイトがあるので、ユーザーに検索され、サイトに訪れてもらうことがとても難しいです。

せっかくこだわったデザインのサイトを作っていても、ユーザーに訪れてもらわなければ意味がないです。

ここで重要になるのがコンテンツライティングです。


コンテンツライティングがしっかりとされていれば、検索エンジンで検索された際に上位に近づけることができます。

そのため、コンテンツライティングの重要性は非常に高いのです。


コンテンツライティングのコツ


キーワード数

文字数

タイトルにキーワードを入れる

descriptionを設定


文章の量に合わせながらキーワードを組み込んでいきます。

基準は200文字に1回のキーワードです。

このキーワードの場所にもコツがあります!

それは、文章内だけでなくタイトルにも入れることです。




description

descriptionとは、検索した際にタイトルの下に表示される記事の要約や概要を記載したテキストのことです。


ユーザーはこのタイトルとディスクリプションを見てサイトに入るか決めます。

なのでタイトルとディスクリプションはユーザーの目に止まりやすいものにするようにしましょう!


これらをクリアするとSEO対策バッチリのコンテンツになります!


OWLetなら難しいコンテンツライティングも完璧に

今回の記事でSEOに特化したコンテンツライティングをご紹介しましたが、

正直こんなに多くのことに気をつけながら作成するのは難しいですよね💦

しかも、SEOに気をつけて文章作成に取り組みたいけれど、SEOのことを勉強するには何から手を付けていいかわからない🌀

と思う方が多いと思います。


OWLetならこれらのことを追加料金なしで自動でSEOに特化したコンテンツをつくることができます。

SEOの専門知識がなくても安心です👍


インターン生が毎日更新している「インターン生の日常」もOWLetを使用して投稿しているので、

SEO対策がしっかりとした記事が完成しています。

descriptionも設定できるので、先ほど紹介したようなコンテンツライティングのコツを簡単にクリアできます!


OWLetについて弊社のコーポレートサイトで詳しく説明されているので、ご興味がある方は是非ご覧ください。


人物

広報インターンG!FIT石島さやか

前回のSEO対策の記事に引き続き、コンテンツライティングシステムについてまとめました!

ガーディアンで広報業務を行うまでは、記事を書く経験がなかったのでSEOという言葉すら知らなかったです。

インターンを始めたおかげで文章作成能力やWEB業界の言葉の知識を増やすことができたと思います!

見てもらえるライティングを意識しながら、日頃から文章作成をしていきたいです。

GUARDIAN’Sが語る