内部リンクとは?WEBサイトをより良くすることができる!?

date_range 2022/09/16
GUARDIAN Marketing BLOG
石島 さやか
SEO表紙

そもそも内部リンクとは?

内部リンクとは、「WEBサイト内にあるページ同士を結び付けること

では、この「内部リンク」がどうしてWEBサイトのレベルを上げることができるのでしょうか?

WEBサイトのあるべき姿

WEBサイトは、自社の紹介や自社サービスの紹介、 商品の販売やカタログに使うことが多いですよね。


そのため「どんなWEBサイトが良いサイト?」と問われると、

見た目が良い、使いやすい、欲しい情報が載っているなどがあげられると思います。


つまりWEBサイトのレベルを上げるためには、WEBサイトの目的とWEB閲覧者(ユーザー)の視点にあったサイトを目指すことが重要です。

WEBサイト3つのチェックポイント

【チェックポイント1】

・WEBサイトの目的(ゴール)を果たせる道(導線)はあるか


【チェックポイント2】

・WEBサイトを「主観的」に見て、作成者の意図が明確にコンテンツとしてあるか


【チェックポイント3】

・WEBサイトを「客観的」に見て、閲覧者の思考や操作にストレスを与えていないか


以上の3つのポイントを押さえるためには「内部リンク」が必要となってくるのです!


では、そんな内部リンク設置のメリットから見ていきましょう...!

内部リンクの利点

利点一覧

・閲覧者が関連した情報を辿りやすくなる

・閲覧者が情報を理解しやすくなる

・クローラビリティが向上する

※クローラビリティ

検索エンジンのクローラーがWEBサイトの情報をどれくらい集めやすいか、理解しやすいかを意味するSEO用語

こんな注意点も...

ここまで内部リンクの大切さについて見てきましたが、内部リンクは簡単に設置できますが、一方でマイナスに働く時があるのです...!!


・とにかく、無作為に内部リンクを設置する

URLだけのリンクの設置

・サイト内で統一性のないリンク設置

・リンクテキストとリンク先に相違がある

alt属性が設定されていないバナーリンクを設置する


つまりGoogleは中身のないサイトを嫌うので、サイトの品質を著しく下げる行為はNG!

まとめ

■内部リンクとは

WEBサイト内のページ同士をつなげること


■内部リンクを設置すると

ユーザーの利便性があがる

情報を把握しやすくなる

理解しやすくなる SEO対策の促進の一手になる

クローラビリティが上がる

Googleが理解しやすくなる

   ↓

ユーザーの利便性を考えると良いサイトになる✨

人物

見てもらえるWEBサイトを作るには「SEO設定」が欠かせないことが分かりました!

しかし、「沢山貼れば良い」という訳ではないのでその点も注意する必要があります。

今回学んだことを活かして、SEO設定がきちんとされた良質なものを作っていきたいです。