業態転換/DXシステム追加でパワーアップ!OWLetとは?

date_range 2021/09/09
G!FITブログ
廣澤 あやな
OWet業態転換記事 TOP画像

こんにちは!ガーディアン広報インターンG!FITの廣澤です♪ 今回はパワーアップしたOWLetについてご紹介します。


しかしその前にそもそも「OWLetって何?」という方がいらっしゃいますよね。そこでまずはOWLetについてお話ししたいと思います。

OWLetとは

OWLetとは

OWLetはプログラマー無し、WEBデザイナーだけでも、高品質な動的サイト制作を簡単に実現できるCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です!


「なぜプログラマー無し、WEBデザイナーだけで高品質な動的サイト制作が可能なのか?」


専門的な用語を使って説明すると、OWLetというのは、もともと「OWL(Optimal Web Language)=最適なるWeb言語」と称した「HTML(ホームページ言語)」「PHP(プログラミング言語)」「MySQL(データベース言語)」で構成されています。

OWLとは

これはWEBデザイナーがHTMLを書くと、PHPMySQLに自動で変換できる能力を「OWL」は持っている、ということなのです。


この「OWL(親)」を基にホームページの制作と運用に特化したツール(子供)がOWLetなので、WEB制作会社さんがOWLetを使うと、より早い制作が可能となり、エンドユーザーが使うとWEBの成績が上がるような、あらゆる仕組みが組み込まれています。


OWLetでは主に「ホームページの制作」成績管理」「SEO」「ホームページの更新」「WEBマーケティング」が可能で、WEB初心者でもホームページへの画像追加、テキストの編集・移動が簡単に出来てしまいます!つまり簡単に誰でも運用できるツールとなっているのです!


実際、WEB初心者の私もホームページのコンテンツ更新をいつも1人で行っています。専門的な知識がなくても、簡単に更新できるOWLetのおかげで、記事作成が簡単に出来ているのです!



でもそれって、OWLetを開発した人が社内にいるからWEB初心者でも簡単に出来ているのでは?」という方に向けて、ガーディアンでホームページを作らせていただいたお客様のリベラル株式会社様 広報担当 武田様に実際のOWLetの使用感を取材させていただきました。武田様も元々はWEB初心者で、ホームページ更新が円滑に進まず、頭を抱えていた時期もあったとのこと。しかしOWLetにリニューアル後、その問題がなくなり・・・。


詳しくは『【リベラル株式会社様】障がい者雇用からの挑戦! OWLetとともに歩んだ3年間とは?』からチェックしてください!

さて、ここまでOWLetについて詳しくご紹介させていただきましたが、一体何がパワーアップしたのでしょうか。


その秘密は今とても注目されている「業態転換(DX)」というキーワードに隠されています。


しかし「業態転換(DX)」といっても、どのように業態転換をしていけば良いのでしょうか。 その問いに対して、ガーディアンでは「非対面の業務へ転換することが肝」と考えます。非対面の業務が増えてきたことで、オンラインツールも数を増してきました。このツール選びに終始し、失敗に陥ってしまうケースがほとんどなのですが、パワーアップしたOWLetを用いると、実はホームページ上で全て解決してしまうのです・・・!

OWLetがパワーアップ!With/Afterコロナにおける販売アプローチ

業態転換/DXシステム

なんとOWLetには、With/Afterコロナ『新時代』に対応していくために「業態転換/DXシステム」が追加されました!


「業態転換/DXシステム」とは既存顧客&見込み顧客ごとの管理を行うことができるツールです。


例えば、ホームページで集客をしているのに、お問い合わせは溜まる一方。顧客それぞれとの進捗を管理するとなると、多様なツールをまたいで運営しているので、一覧で管理状況を把握することが出来ないですよね。

①全てのオンラインツールをまとめて管理!

業態転換/DXシステム全体像

前述のようにそれぞれで運用しているツールをOWLetの「業態転換/DXシステム」では、全ツールをまとめて管理することが出来るのです!


したがって既存顧客&見込み顧客に対する、集客・商談・請求・契約・タスク/スケジュール管理業務をOWLet上で全て的確に行うことができます。

(例:オンラインミーティングを行う場合...)

オンラインミーティングを行う場合

例えば、このOWLetの「業態転換/DXシステム」を使って、顧客とのオンラインミーティングを作成する場合、「オンラインMTG」を開き、ミーティングの詳細を入力していくだけで完了!


さらにOWLetで作成したミーティングをOWLet内でメールとして顧客に情報共有することも出来ます!画像最下部の「次へ」という緑色のボタンを押すと...

(例:ミーティング内容をメールで送信する場合)

ミーティング内容

先程の画像の緑色のボタンの「次へ」を押すと、メール送信画面に切り替わります。ここでは、「作成したMTGの内容をメールで送信する」というチェックボックスにチェックを入れると、メールのアドレス・タイトル・文章を入力することが出来るようになります!


また同時にミーティング日時をお知らせするリマインドメールも設定することが出来るのです!


もしこのOWLetの「業態転換/DXシステム」を使わずにミーティングを行うとなれば、ZOOMやメールアプリなどさまざまな媒体を併用しないといけないですよね。また複数いる顧客の進捗を確認するとなると、それぞれの媒体ごとに確認して、まとめていかないと一覧で進捗を確認することもできません。これはとても手間と時間が掛かる作業ですし、抜け落ちが起こってしまうリスクもあります。

②アクション履歴が一目で把握できる!

アクション履歴

そこで「業態転換/DXシステム」ではアクション履歴が一目で把握できるようになっているのです。わざわざお客様ごとの進捗をまとめなくても、作業を進めていくだけで履歴が付くので、とても簡単に流れを確認することが出来ます。


これは機会損失を減らすことに繋がりますよね!

③気になる料金は...

そんなOWLetの「業態転換/DXシステム」の料金はなんと無料!!!


システム全て、これまでのOWLet価格に含まれているのです。業務の効率化、顧客ごとの進捗の一覧化、機会損失削減を可能にしてくれるOWLet!


ご興味をお持ちいただけたましたら、ぜひ以下からお問い合わせください。

人物

OWLetの「業態転換/DXシステム」魅力についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。今回はこのシステムの例として「オンラインミーティング」を挙げましたが、それだけでもメールアプリなど付随して使わないといけないオンラインツールを挙げることができました。他の業務が重なれば重なる分、オンラインツールの数は多くなりますよね。ぜひOWLetによる、オンラインツールの統合をご検討ください。

GUARDIAN’Sが語る