【GUARDIANビジネス塾 第21回 Googleビジネスプロフィールについて】

date_range 2022/05/26
ビジネス塾
岡越 遼
Googleビジネスプロフィール

「Googleビジネスプロフィールは『集客』において、店舗型ビジネスにとって救世主になるか⁉」

GUARDIANビジネス塾第21回、本講義はGoogleビジネスプロフィール(以下GBP)について学ぶことのできる機会でした。


GBPを活用することで何が出来るのでしょうか?
本当に先の質問を解決することができるのでしょうか?
今すぐにでも登録するべきだという声も聞こえるがそれはなぜでしょうか?


IT、WEBの力を活用して事業を拡大したい、売上を伸ばしたい方は是非一度ご確認ください。

店舗型ビジネス向けの集客手段「Googleビジネスプロフィール」

Googleビジネスプロフィール

(左:検索結果 右:Googleマップ)

GBPとは、画像のように、Googleの検索結果や、Googleマップで情報を閲覧者に届けることができます。


「ビジネス プロフィールは、特定の営業時間内に顧客と顔を合わせてサービスを提供するタイプのあらゆるビジネスに適しています。一方、オンライン ビジネスや不動産の賃貸または販売に特化したビジネスは、対象になりません。」
(Googleビジネスプロフィール ヘルプ)


GBPを活用することでその恩恵を受けやすい業種とは、
飲食店、美容院、雑貨店など、対面で顧客とのビジネスを展開している業種であると言えます。

「Googleビジネスプロフィール」でできること

①店舗の基本的な情報を無料で掲載
⇒店名・電話番号・住所・営業日時・WEBサイトなど
(サービス・メニューも掲載可能)
②写真を掲載
⇒メニューの紹介や、店舗の雰囲気を伝えることに活用できます。
③口コミへの返信
⇒お客様の生の声を集めると同時に、コミュニケーションの機会になります。
➃投稿機能(ブログなど)
⇒閲覧者に知ってもらいたいことを発信できます。
⑤アクセス解析機能
⇒どれだけの人がマップ経由、検索結果経由で電話をしてくれたのか、
お店のWEBサイトを見てくれたのか、お店への経路を調べてくれたのか、把握できます。


これら機能を全て活用し「閲覧者の知りたい、欲しい情報」を提供することで、

これまで以上の店舗への集客を期待できます。

Googleビジネスプロフィールを活用すべき理由とは

現状、Googleビジネスプロフィールを活用している人がまだ少ない、
言い換えると、競争率が高くないので、他の集客手段と比較し成果がでやすいということが言えます。


店舗経営をする場合、売上アップに「集客」は欠かせません。
広告(WEB広告、チラシなど)
メルマガ
SNSの活用
SEO対策(Googleの検索結果でWEBサイトを上位表示させるための手法)...etc


集客手段は多数存在しますが、これらの手段のなかでもGBPはまだそこまで重要視されていない(現在、徐々に注力されつつある)という状況にあります。
ライバルの少ない今のうちにGBPを活用し、これまで以上の集客実現を目指しましょう。

OWLetLocalizerについてご紹介

今回、ビジネス塾を通して、GBPとは何か、何ができてなぜ重要なのかを学びました。
日に日に重要度の増すGBPですが、このGBPの恩恵を得るだけでなく、他のSNSとも合わせて活用することで、より効果の高い集客を実現するためのサービスが弊社からリリースされます。


これ一つ導入するだけ、多数の集客手段と連携できるサービスとして、
「OWLet Localizer」6/1(水)リリースを予定しています。


OWLet Localizerでは、
・店舗型経営されている皆さまの多くが利用しているSNSである「Instagram」との連携機能
・複数店舗を経営されているオーナー様にとって嬉しいGBPの情報を複数店舗まとめて管理できる機能
・これまで悩まされていたGBPの情報書き換え防止機能...etc


上記以外にも多数の機能を搭載し、
GBPから得る恩恵を最大限引き出しつつ、他のSNSの効果も高めることを実現します。


更に詳しい情報もこれからお届けして参りますので、楽しみにしていてください。

講師紹介

久保 一也

【株式会社ガーディアン】
取締役 最高技術責任者 CTO
久保 一也


◆学生時代
高校卒業後、4年制のコンピューター専門学校に入学したものの、授業にはあまり出席せずにプログラマーのアルバイトで日銭を稼ぐ生活を送る。
◆新卒~フリーランス時代
専門学校を2年で中途退学し、知人の知人が立ち上げたベンチャー企業にプログラマとして入社。 しかし、上手くいかずに解散し、暫くはフリーランスのプログラマーとして活動。
◆レンタルサーバー会社時代
フリーランスを経験後、京都の老舗レンタルサーバー会社に入社。ネットワークとWebシステムについての基礎をここで学んでいく。
◆ガーディアン設立~現在
レンタルサーバー会社時代に社長の青山と知り合い、数年後にガーディアンを設立。 システム開発の仕事をしながら、独自のWebプログラミング言語「OWL」を開発する。 以降、OWL/OWLetの開発に従事。

GUARDIAN’Sが語る