ガーディアンのリモートワーク対策

date_range 2021/02/24
G!FITブログ
青山まりえ
リモートワーク PC 画像

リモートワーク再び!

こんにちは!
G!FITの青山まりえです!


2回目の緊急事態宣言が発令されましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ガーディアンでは現在、リモートワーク体制をとっています。


日々ニュースやネット記事を見ていると、リモートワークのデメリットとして、生産性や、コミュニケーションの低下・やる気が起きないというのが挙げられています。

ガーディアンでもそのような事態になっているのでしょうか!?
実態を確かめました。

ガーディアンのリモートワーク体制

ガーディアンのリモートワーク体制 小見出し

リモートワークといっても、ずっと在宅というわけでなく、社員は週に1度出社しています。
それに対して、アルバイト、パート、インターン生は一部を除き完全にリモートワークとなっています。
一部のメンバーは社員と同様、週に1度出社しています。

リモートワークの現状

グラフ・図 画像

リモートワークにより、どのような影響があるのかを確かめるため、社員、役員合わせて34名にアンケートを2回実施しました。(2回目は33名に実施)
項目は以下の6つです。


・仕事の効率
・コミュニケーションの質
・精神、ストレス
・体調管理、自己管理
・仕事の管理
・会社的にリモートワークはありか


これに対して、5段階評価で答えるという形式をとりました。
それでは早速、1/26に実施した1回目のアンケートの結果を見てみましょう。

社内アンケート結果 1回目

社内アンケート結果1 画像

全体的に黄色の「変わらない」という意見が多く見えますが、コミュニケーションの質に関しては、「やや悪化」という意見が目立ちます。
ガーディアンのリモートワークの1番のデメリットはコミュニケーションの質の低下なのかもしれません。

その一方で、体調管理においては出社している時よりも楽だという意見が多いようで、やはり出社という手間がなくなるのは大きいのでしょう。


この結果から、コミュニケーションの質の低下が1番の課題だと分かりました。
そして、2週間後の2/9にもう一度同じアンケートを行いました。

社内アンケート結果 2回目

社内アンケート結果2 画像

こちらが2/9に行った2回目の社内アンケートの結果になります。
1回目の時と比べると、かなり良くなっているように見えます。


1番の課題であるコミュニケーションの質についてはどうでしょうか。
1回目は「やや悪化した」という意見が37.5%でしたが、今回は12.5%になっています!
実際に会っている時とコミュニケーションの質がほぼ変わらないという割合が約6割なので、かなり良い結果だと言えるでしょう。
良い結果になった要因として、環境に慣れたことと、とある対策をとったことが挙げられます。

コミュニケーション不足の対策

リモートワークになり、問題や悩みを気軽に相談できずに落ち込んでしまうケースがいくつか見受けられました。
そこで、出社時よりもコミュニケーションをマメに取るように心掛け、部署ごとのミーティングの際には必ず問題や悩みを共有して、その場で対策を決定し解決に向かうようにしました。
また、今回のリモートワーク期間から、上長面談を開始しました。
これは、週に1度の出社日に、希望の人と面談を行うというもので、これにより悩みを相談しやすくする環境を作っています。


このような対策をとることで、コミュニケーション不足の軽減に繋がりました!

まとめ

リモートワークをする女性

2度のリモートワークにより、社員がどのように感じているのかアンケートをとりました。


一時、コミュニケーションの質が落ちてしまいましたが、しっかりと対策をとり、現在は出社時のコミュニケーションに劣らないレベルに近づいています
今回の記事で取り上げた対策のように、ガーディアンではメンバー1人1人の声に耳を傾けることによって、働きやすい環境作りを心掛けています。



GUARDIAN’Sが語る