130万円の壁│年収の壁・支援強化パッケージの活用事例

date_range 2024/02/15
人事ブログ
岡部 ちよ
数字が黒板に書き込まれた画像

目次

年収の壁を越えるための「支援強化パッケージ」とは?

 こんにちは!経理担当の岡部です。


 2023年10月から年収の壁・支援強化パッケージがスタートしたことを受け、

 当社でも、従業員の皆様が働きやすい環境作りの一環のため、こちらの制度を利用する運びとなりました!


 まずは、"130万円の壁"への当社での取り組みについて、発表させていただきます!

 当社従業員からの声も書いていますので、ご一読いただけますと幸いです!😊


年収の壁とは

130

 「年収の壁」とは、パートやアルバイトで働く人が、収入が一定額を超えると配偶者や親の扶養から外れ、社会保険料の負担が発生し、手取り収入が減少してしまう現象です。


130万円の壁への対応


 130万円の壁への対応とは、パート・アルバイトの方が繁忙期に労働時間を延長したことなどにより、収入が一時的に上がった場合でも事業者がその一時的な収入増を証明すれば、引き続き配偶者や親の扶養に入ることが可能になる仕組みのことです。

 この対応により、配偶者や親の社会保険料負担が発生しないため、手取り収入の減少を防ぐことができます。

 しかも、こちらの仕組みは学生の方👨‍🎓も利用できます!

支援強化パッケージの概要

 支援強化パッケージは、年収の壁を越えるための支援策の一環として、厚生労働省が導入した取り組みです。

 このパッケージには、様々な施策が含まれており、短時間労働者が年収の壁を意識せずに働くことができる環境づくりを支援しています。


事業主の証明による被扶養者認定の円滑化


 130万円の壁への支援強化パッケージでは、事業主が被扶養者であることを証明することで、被扶養者認定の手続きを円滑化する措置が行われています。

 証明の手続きは難しい内容ではなく、"シンプルな証明書の発行のみ"となります。

 こちらの証明書を、扶養者の属する健康保険組合等に提出することにより、パートやアルバイトで働く方々が年収の壁を気にすること無く、スムーズに被扶養者として認められることができます。

会社側としても、繁忙期のシフト追加を、従業員の皆様へお声掛けがしやすくなりました


支援強化パッケージの利用方法

 130万円の壁への支援強化パッケージを利用するためには、厚生労働省からのお知らせを確認し、手続きを行う必要があります。

厚生労働省からのお知らせと手続き方法


 まずは、最新のお知らせを確認して、支援強化パッケージの内容や適用対象などを確認します。


 手続き方法については、厚生労働省の指示に基づき、所属する会社や労働組合などに問い合わせることが重要です。

 具体的な手続きの流れや必要書類、期限などについては、各労働組合や企業の人事部などに確認します。

繁忙期の労働時間延長と年収の壁(130万円の壁)

 パートやアルバイトなど非正規雇用の方々の中には、繁忙期や掛け持ち先との兼ね合いなどによって、労働時間を延長することで一時的に収入を増やすケースがあります。

 しかし、この一時的な収入増が年収の壁(130万円の壁)を越えてしまうと、配偶者や親の扶養から外れてしまい、社会保険料の負担が発生してしまうという問題があります。


 この問題に対して、支援強化パッケージでは、パートやアルバイトの方が繁忙期に労働時間を延長したことなどを事業者が"証明する"ことで、一時的な収入増による社会保険料の負担を免れる仕組みを作っています。

 つまり、その一時的な収入増が一定の範囲内であれば、引き続き配偶者や親の扶養に入ることが可能となります。


 この対応により、「繁忙期に労働時間を延長することで一時的に収入を増やしたい!!」という意欲を持った方々も、年収の壁を意識せずに働くことができるようになります。

 また、企業側も人手不足への対応がしやすくなるため、双方にとって良い結果を生むことが期待されています。

 既に、当社でも従業員から


👩‍💻「働きやすい!」

🧑‍💼「この制度を会社側から提案してもらって良かった」


 というお声をいただいています!


 ただし、この仕組みは一時的な対応策であり、支援強化パッケージの対象期間は2年間となっています。

 今後も働きやすい環境づくりに、会社一丸となって取り組んでいくことが重要ですね!


年収の壁対策のための具体的ステップ

 年収の壁対策の活用のためには、以下の具体的なステップを踏むことが重要です。

 情報収集をし、正しい知識のもと慎重に年収の壁への対策へ、取り組みたいと思います!

ステップ1: 支援強化パッケージの利用を検討

 厚生労働省が提供する支援強化パッケージは、年収の壁に直面している方々を支援するための給付制度です。

 このパッケージを利用することで、年収の壁を越えるための具体的な手立てを得ることができます。


ステップ2: 就業時間の相談・調整をする

 年収の壁を意識して就業時間を控える人は少なくありません。手取り収入を減らさないように、就業時間を調整するなどの対策を、従業員と一緒に検討します。

 ただし、働き控えが企業の人手不足を加速させる原因となることもありますので、政府の「年収の壁・支援強化パッケージ」を活用して、働きながら手取りを守る方法を探ります。


ステップ3: 繁忙期の労働時間延長について考える

 労働時間を延長することで、収入を一時的に増やすことができます。繁忙期などには、企業側も労働時間の延長を受け入れるケースがあります。

 ただし、この増加分の収入が一定の範囲(130万円の壁)を超えると、配偶者や親の扶養に入る資格を失ってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

 ですが、収入が一定の範囲を越えたとしても、130万円の壁対策を利用し、事業主の証明をすることで、引き続き配偶者や親の扶養に入ることが可能です。


ステップ4: 配偶者手当の見直しを行う

 企業が実施している配偶者手当について、見直しの必要性を考えます。支援強化パッケージでは、企業側の配偶者手当の見直しを促進しています。

 企業に働きかける際には、配偶者手当の見直しのメリットや手順について理解を深めた上で、積極的に働きかけることが大切です。


従業員の声

tyokinbako

 👨‍🎓長期有給インターン生Aくん(21歳)

自分自身、週3〜4日、インターン生として働いており、繁忙期のシフト増加によって、収入が当初の予定(130万円の壁)を越えてしまいました。

 扶養者の親から、「扶養を抜けないといけない」と言われ、どうしたらよいか困り、勤務先に相談したところ、快く証明書の発行に応じてくれました。


 会社から発行された証明書を提出することで、引き続き親の扶養に入ることができ、社会保険料の負担を抑えながら、収入を増やすことができました。


 支援強化パッケージ(130万円の壁の対応)は、2025年9月末までの2年間の限定措置ですが、私はこの機会を活用して、年収の壁を気にせず、さらに収入を増やしていきたいと考えています。


 今回の取り組みを通じて、当社の従業員からとても有難い声をいただきました😊

 これからも、年収の壁(130万円の壁)を気にせず働きやすい環境づくりを推進していきたいと考えています!

 こんなGUARDIANで一緒に働いてみたい!という方はこちら👇

人物

私自身、当社ホームページへの初めての入稿で、つたない文章となりましたが、ホームページの更新業務は楽しいな、と感じました!

GUARDIAN’Sが語る