AI導入検討中の方必見!WEBのプロが即使えるAIツールを紹介

date_range 2024/01/31
ビジネス塾
廣澤 あやな
AI勉強会11回MV

WEBのプロが集い、毎月イチオシのAIツールを紹介するAI勉強会。 今回は各部門のプロがAI導入しやすく、業務にも活かせるAIツールを厳選してご紹介します。

WEB制作部門:クリエイティブプロダクト部 星さん

厳選AIツール:Google Bard


2023年9月のアップデートにて、GoogleのアプリとAIを連携させられるようになりました。使い方は簡単!Bardで質問をするだけで、アプリからBardが情報を取ってきてくれます。


これまで複数の媒体を経由しないと得られなかった情報もBard一つで簡潔!



Google Japan Blog「Bardが高性能なモデルにアップデート」

https://japan.googleblog.com/2023/09/bard.html


AI導入例:

AI導入例としては、メール検索、Youtubeの動画検索、文章の要約で活用しました。


メール検索の場合:メール検索の出力を依頼


Youtubeの場合:おすすめのYoutube動画を依頼

例:日本で一番再生数の多い動画を表示して

  〇〇の有名な曲を数曲ピックアップして


文書の要約の場合:Googleドキュメントの要約を依頼


その他にも連携できるおすすめアプリがあるので、自分の業務にあったAI導入ができるか、実際にAIに聞いてみるのもありですね。



残念ポイント:

Gmailでは件名の検索で回答が返ってくるが、中身に対する質問はエラーになりやすいです。またGoogleドキュメントやスプレッドシート、ドライブはファイル名の検索やURLは回答はしてくれますが、内容にはアクセスすることはできません。


 業務的には「このファイル名の〇〇シートのこのセルの情報が欲しい」という指示に回答してもらえるとAI導入としてかなり有効活用できそうです。 Bardは現在開発中なので、今後の進化に期待ですね。

WEB制作部門:クリエイティブプロダクト部 松村さん

私の部署では、お客様とお電話で行う、ホームページのディレクションの品質を上げるために、AIを導入したいという目標があり、今回のツールを見つけました。


厳選AIツール:Whisper API


そこで今回AI導入したのは「ウィスパーAI」です。OpenAIによって開発された文字起こしのAIで、このモデルはWebから収集された68万時間分の多言語音声データをもとに学習を行っているため、高い精度で音声をテキストに変換できる無料の音声認識モデルです。


参考:Introducing Whisper

https://openai.com/research/whisper


AI導入例:

今回は主に文字起こしを行ってもらいました。

さらに「ウィスパーAI」に加えて、chatGPTに情報を渡し、ウィスパーAIのアウトプットに見出しをつけてもらいました。


↓「ウィスパーAI」が生成した文字起こし文章↓


工夫したポイントとして、 ChatGPTに「見出しをつけて」と言うだけでは見出ししか出さなかったり、きちんと返ってくる確率が低かったため、チャンクに分けた文章をプログラムで番号を振り分け、「JSON形式でアウトプットして」とプロンプトを作りました。


下記のようにチャンクに分割し、 JSON形式で受け取ってからプログラム上で機械的にさしかえます。


↓チャンクに分割↓

↓使用したプロンプト↓

上記の文章に10個以上20個以下までの見出しを付けたいです。内容に応じて見出しを生成し、下記のようなJSON形式で出力してください。\n\n     {       "subject":[{       "position":1,       "heading":"見出しテキスト"     },     {         "position":12,         "heading":"見出しテキスト2"     }] } positionというキーは、その見出しが本文についている<1>から<150>の数字のいずれに位置するかを示す数字です。";  


残念ポイント:

精度は高いのですが、社内では難しいとの声も上がっているため、WEB初心者でもAI導入できるようにアレンジして、次は進化版を発表します!

WEB制作部門:マーケティング部 堀田さん

厳選AIツール:Docsbot

Docsbotとは独自のデータとChatGPTをもとにして、簡単に自社AIチャットボットを作ることができます。URLを読み込ませるだけでドキュメントの情報やWEBサイトの情報を読み込ませることができ、簡単にチャットボットの公開ができます。


APIも提供されているので、自社のシステムに組み込むこともできます。 無料版だとチャットボットの学習に使えるデータはドキュメント(PDF)とURLだけ。月に質問できる質問数などは支払う金額によって変わります。 社外向けではなく、社内向けに使われている事例が多かったです。


DocsBot AI:https://docsbot.ai


AI導入例:


AI導入例としては、チームでルールの共有をする場合だったり、FAQコンテンツとして活用できます。導入するために必要だったのは10分以下!導入が簡単なところも魅力的なAIツールです。 さらに無料版であっても、月の質問数は100、読み込み数が50ページできるため、個人で使う分には無料で十分なところもメリットですね。


WEB制作部門: マーケティング部 西峯さん

制作の現場だと「制作時のルールってなんだっけ?」と言う時にAIに聞けたらいいなと言うことで調べてみました。


厳選AIツール:

今回取り上げるツールは「Notion」です。

マークダウンという見出し形式で情報を貯めておけるアプリ。一般的なAIの回答もできるAIツールですが、今回はその中でもNotionの新しい機能であるQ&Aを紹介します。


AI導入例:

AI導入例としては、今回は自分が貯めてきたメモを覚えさせて、その情報をもとに答えさせるツールです。このツールには自分で書き留めたものを参照させ、実際に2つ質問してみました。


例)家のWi-Fiパスワードを教えて

前にメモしてあった情報を参照して、正確にWi-Fiのパスワードを答えてくれました。


例)この言葉が思い出せない...