2022.09.26

《 人を育てたければ… 》

マネジメント人材育成人生観・生き様株式会社ガーディアン

自身に対して突き刺しておくべき言葉を述べる青山社長

《 人を育てたければ… 》
(#僕の独り言 2022.09.24)


〜これは僕が僕に突き刺しておく言葉〜


人を育てたければ、
人に成長してもらいたいならば、
決して忘れてはならないことがある‼️


若き社員たちは未熟だってこと‼️
そして、
インターン生たちはもっと未熟だってこと‼️
そして、
それよりも、
僕はマネジャーとして
最も未熟であるってことを
如何なる時も僕自身が忘れてはならない‼️


//////////////////////


未熟な若き社員の
"今日の良いところ"を新たに見つけなさい👀
もっと未熟なインターンの
"今日の良いところ"を新たに見つけなさい👀
そして、
見つけた良いところ(強味)を
真っ直ぐその者に伝えてやりなさい💡✨


//////////////////////


未熟な若き社員の
"今週の良いところ"を新たに見つけなさい👀
もっと未熟なインターンの
"今週の良いところ"を新たに見つけなさい👀
そして、
見つけた良いところ(強味)を
真っ直ぐその者に伝えてやりなさい💡✨


//////////////////////


未熟な若き社員の
"今月の良いところ"を新たに見つけなさい👀
もっと未熟なインターンの
"今月の良いところ"を新たに見つけなさい👀
そして、
見つけた良いところ(強味)を
真っ直ぐその者に伝えてやりなさい💡✨


//////////////////////


"悪いところ(弱味)"は見えても、
見つけようとするな‼️❌
放っておけ‼️


ただし、
人としての、
仕事人としての、
組織人としての"欠陥"は見逃すな‼️
その場、その瞬間に正してやれ‼️


人を育てたいなら、
その者を信じてやれ‼️
とことん信じてやれ‼️
裏切られることを恐れるな‼️


そして、
できる限り"答え"を教えるな‼️
『ティーチング』と『コーチング』は違う‼️
ゆめゆめ混同することなかれ‼️


成果を上げた時は、

全身全霊で喜んでやれ‼️
そして、全力で讃えてやれ‼️
それまではその者を信じて辛抱するんだ‼️


大局を見ろ👀✨
小局を見て、見られぬように自ら触れろ👀🤚
これを絶対に怠るな‼️


"戦場"である彼ら彼女らの仕事を
つぶさに理解しろ‼️把握しろ‼️
そして、
"すべての戦場"を自分の中に入れろ‼️
遠目で見るだけではダメだ‼️
すぐ横に置いてもダメだ‼️
"すべての戦場"を自分の中に入れろ‼️
"すべての戦場"をコントロールしろ‼️
それは、
彼ら彼女らが活躍することを中心に添えてだ‼️


目の前のコトに惑わされるな‼️
常にヒトを見て、ヒトに寄り添え‼️
それは、
コト(業務や事業や契約)を犠牲にしてでもだ‼️
犠牲にしなければならなくなるのなら
僕自身がその程度の経営者だってことを
しっかり自覚しておけ‼️


目の前の

利益や損失や己の見栄や体裁に囚われるな‼️
彼ら彼女らの"明日"を信じろ‼️


弱き、未熟な者から、謙虚に真摯に学べ‼️
この学びこそが、
彼ら彼女らに与えてやれる
"教え"となることを片時も忘れるな‼️


彼ら彼女らが
弱ったとき、悩んだとき、壁にぶち当たったとき、
必ず側にいてやれ‼️
それは心理的にも物理的にもだ‼️
必ず助けてやれ‼️
必ず助けられるように
常に戦場を自分の中に入れて先を読み切れ‼️


人は、上手くいった時ではなく、
"やり甲斐"を覚えたときに
大きく育つキッカケを得るものだ‼️
その瞬間を見逃すな⚠️👀
このキッカケは、
戦場をコントロールしているなら、
僕自身が作ってやれるってことだ‼️


経営者である僕の仕事は、
答えを教えることではなく、
彼ら彼女ら自身に"気づかせる"ことである‼️


その時が来るまで、我慢しろ‼️
この我慢は、
我慢するに値することじゃないのか⁉️


答えがYESなら、
いつでも機動力を発揮できるよう、
常に"余裕"を持っていろ‼️
ゆめゆめ"時間"ごときに追われぬこと‼️
そして、
普段は『泰然自若』でいろ‼️


いつでも見られていることを認識しておけ‼️
くだらない隙を作るな‼️


僕の喜びは、
未熟な者たちが大きく育つこと、
目覚ましく成長してくれること‼️
そして、
僕を追い越して、
社会に貢献できる人材となり、
次の社会を力強く創っていってくれること‼️😁✨


雇った責任‼️
仲間にした責任は常に僕にある‼️


だから、
もう少し頑張れ‼️俺‼️

青山 裕一

代表取締役社長/コンサルタント/ビジネスプロデューサー

青山 裕一

京都の呉服屋の長男として生まれ、洛南高校時代の恩師から教わった『社会の雑巾たれ』たる言葉を、人生の座右の銘として心に刻み込む。
社会人では、大手電子部品メーカーでアジア・ヨーロッパでのビジネスを経験し、大手保険会社時代は日本全国を駆け巡り、数々の賞を受賞する。
伝統工芸から先端テクノロジーまでのモノづくりとリスクマネジメントを知り尽くした上で、IT業界に入る。
今年でIT業界23年目を迎え、独自のマーケティング理論を駆使し、6,000を超えるWEBサイトを手掛けてきた経営者。
独自のWEB必勝法を伝授すべく日経BP社よりIT兵法本「5000サイト、200億広告運用のプロが教える 儲かるホームページ9つの兵法」を出版し、Amazonランキングで3部門1位を記録した。
また、マネジメント領域の会社経営においても、未経験、Non専門スキルの人材を積極的に採用し、特色豊かな人事制度を大胆に企画登用するなどして、人材育成において画期的な成果を上げ続けている。
講演や出版、寄稿の依頼が多数きているが、現状においては、全国の中小企業経営者様との面談を優先するため、すべてお断りする方針でいる。