2022.02.08

《 2023新卒内定者第一号 》

新卒採用株式会社ガーディアン

2023新卒内定者

2023新卒内定者№2

《 2023新卒内定者第一号 》
(#GUARDIAN's日記 2022.02.08)


今日のGUARDIAN社は、
2023年新卒内定者第一号が発表された日‼️


京都勤務で
長期有給インターン女子大生のあやな❣️
GUARDIANで2年以上も勤務し、
広報業務を頑張ってくれている彼女‼️


今日の内定者第一号の発表で
先輩GUARDIAN'sたちに
素敵な挨拶と抱負を綴ってくれた‼️


この文章を読んで、
社長の僕、めっちゃ感動っす🥺


本人の許可を得たので
ここで紹介させていただきます‼️
////////////////////////////////////////////////////////////
お祝いしていただいている皆様、
本当にありがとうございます!
ここから少し長くなってしまうのですが、
思いの丈をここで発言させていただきます。


私がガーディアンに入社を決めた理由は、
成長できる環境がガーディアンにあると
インターン生活を送る中で実感したためです。


そう感じたのは、
業務面ではもちろんですが、
ガーディアンズの人柄もとても大きいです。
「こんな人になりたい」
「こういうことができる人になりたい」
と思える人が
ガーディアンにはたくさんいらっしゃいます。
そんな尊敬できる人がたくさんいる環境は、
仕事面だけではなく、
人間力を磨くことに対しても、
必要な機会だと感じ、
この環境を逃したくないと思ったので、
入社を決めました。


また私はガーディアンで
ビジネスモデルを聞くたびに、ワクワクします。
G!FITの話を聞いた時はもちろん、
今回のREVOLUTION30もそうでした。
この先の会社のビジョンを展開していただき、
インターン生がワクワクできるなんて
なかなかない機会なのではないかと思います!


このワクワクする気持ちは、
「ガーディアンでもっと頑張りたい」
といつも私を奮い立たせてくれます。


こんなワクワクさせてくれるガーディアンで
私が正社員となった時には、
自分自身も広報として
社内のムードメーカーとなり、
社外にも広報活動を通して親しまれ、
関わる人全員の気持ちを
ワクワクさせられるような
社員になれるように頑張っていきたいです。


そのために残りのインターン生活は、
正社員になるまでの準備期間として
ガーディアンについてより深く学びながら、
広報のプロとなれるよう、
余暇をうまく活用してインプットを行い、
業務でアウトプットを正しく繰り返していきます。
そしてこれから現れるであろう
どんな試練をも乗り越えるために
道標となるような「なりたい自分像」を
確固たるものとして築いていきたいと思います。


ガーディアンズの術を真似て、身につけ、
ガーディアンの一員として活躍できるよう、
邁進していきますので、
今後とも変わらず
ご指導、ご鞭撻をよろしくお願いいたします!
////////////////////////////////////////////////////////////


なんと素敵な子が‼️
なんと心の綺麗な子が‼️
なんとチャレンジ精神を持った子が‼️
我が社に入社してくれるのだろう😊✨


我がGUARDIANを選んでくれて
ホントにありがとう😭🖐


夢や希望を持って
前を向いて頑張るからこそ、
ワクワクした人生を過ごせるのだよ❣️


だから、
いつでも夢や希望を抱ける道を
用意してあげるよ‼️
そして、
常に頑張れる仕事と環境を
用意してあげるよ‼️
あやな❣️
残り一年の学生生活を悔いなく過ごし
大きな夢に向かって、
必死のパッチに頑張ろう💪😁

青山 裕一

代表取締役社長/コンサルタント/ビジネスプロデューサー

青山 裕一

京都の呉服屋の長男として生まれ、洛南高校時代の恩師から教わった『社会の雑巾たれ』たる言葉を、人生の座右の銘として心に刻み込む。
社会人では、大手電子部品メーカーでアジア・ヨーロッパでのビジネスを経験し、東京海上時代は日本全国を駆け巡り、数々の賞を受賞する。
伝統工芸から先端テクノロジーまでのモノづくりとリスクマネジメントを知り尽くした上で、IT業界に入る。
今年でIT業界21年目を迎え、独自のマーケティング理論を駆使し、6,000を超えるWEBサイトを手掛けてきた経営者。
独自のWEB必勝法を伝授すべく日経BP社よりIT兵法本「5000サイト、200億広告運用のプロが教える 儲かるホームページ9つの兵法」を出版し、Amazonランキングで3部門1位を記録した。
また、マネジメント領域の会社経営においても、未経験、Non専門スキルの人材を積極的に採用し、特色豊かな人事制度を大胆に企画登用するなどして、人材育成において画期的な成果を上げ続けている。
講演や出版、寄稿の依頼が多数きているが、現状においては、全国の中小企業経営者様との面談を優先するため、すべてお断りする方針でいる。