2021.08.29

《 賢くなった顧客 》

仕事ノウハウマーケテイング戦略マーケティングデジタルマーケティングWEBマーケティング

青山社長

(#僕のknowhow 2021.08.29)


変化に気づいているかい⁉️


今や、顧客は、
企業や店舗と接する前に
ほぼ購買を決めているのだよ‼️


これは劇的な変化である‼️‼️‼️


だから、
我がGUARDIANは
来たる次代へ向けて
2年も前から準備を始めてきた❣️


顧客が企業や店舗と接するときには
ほぼ購買を決めているということは、
逆に言えば、
顧客が企業と
容易く接しなくなったことを
意味するのだよ👀💡✨


営業接点が時系列的にも
購買ステップ的にも遅くなることは、
営業マンの販売能力よりも
顧客接点前の
マーケティングの重要性が
増していることを意味する👀💡✨


誰もがそうである‼️
もはや分からないことは
『Google先生』が
いつでも教えてくれるのだよ👀💡
顧客は企業と接する前に
意中の商品知識を得て
"賢くなっている"のだよ‼️


ゆえに、
企業側の人間は、
今まで以上に
・商品知識
・周辺知識
・競合知識
・競合との差異
という知識レベルを数段上げて
的確性の精度を上げておかねば、
賢くなった顧客からの
信頼は得られないのだよ‼️


同時に
顧客が"賢くなる"源泉である
インターネットへの信頼性は
ますます増してゆくこととなる。


WEBを活用し賢明になった顧客から
信頼を得るには
最低限次の5つの武器を
揃えておかなければならないだろう‼️
❶オフィシャルな商品情報
❷商品比較(スペックデータ、実績)
❸解説動画(YouTube)
❹クチコミ(購買決定要因)
❺SNS(商品知覚&興味喚起要因)


これは営業マンではなく、
マーケッターの仕事である‼️
マーケティング部門の強化こそ
次代ビジネスの必須要件となるのだよ‼️


そして、
"賢くなった"顧客には、
一から懇切丁寧な説明は要らない。
馬鹿な質問もしてこず、
質問範囲が狭まってゆき、
的を射た"より深い質問"が
飛んでくるようになる‼️


これは、
顧客の知識レベルの向上によって、
企業側からすれば、
質問、確認点のパターン化を
促進できる絶好のチャンスを意味する‼️


したがって、
マーケティング部門の強化は、
理に適ったビジネス戦略となるのだよ‼️
WEB強化策が上手くすれば、
WEBでの生産性を飛躍的に向上させる‼️


どういうことか⁉️


①顧客が企業側と容易く接しなくなる
 👉アウトバウンドセールスの限界
②インターネットへの信頼性向上
 👉顧客接点がリアルからWEBへ移行
③マーケティング部門とWEBの強化
 👉ほぼ購買を決定している
  賢くなった顧客を集客でき、
  顧客の購入率を
  飛躍的に向上させることができる


だから、
今こそマーケティング部門を
強化しない企業は
確実に次代に乗り遅れてしまう。
そして、
この現象(変化)は、
コロナ禍により加速の一途を辿り、
結果として、コロナ禍は
時代を早巻きさせたこととなり、
『withコロナ社会=DX化社会』となり
この社会の様相を一変させてしまう‼️


これまで、
可処分所得(個人が自由に使えるお金)
の争奪戦だったビジネスに
『可処分"時間"』の要素も加わる‼️
その『可処分時間』の主役は
間違いなく"WEB"なのだよ‼️


そして最後に言っておこう‼️
前述した
賢くなった顧客からの
信頼を得る5つの武器は、
あくまでも信頼を得て
集客を成功させるための
前提条件に過ぎない‼️


集客を成した上で、
購入を決定させる最高の生産性要因は
賢くなった顧客の"聞きたいこと"を
予め完璧にパターン化し、
❶"明快"な答え
❷"詳細"な答え
❸"根拠"ある答えの3つを
周到に用意し切り、
パッと答えてみせることなのだよ‼️✨


////////////////////////////////////////////////////////////
"質"は"量"を凌駕し
"スピード"は"規模"を凌駕し、
"WEB"は"リアル"より気軽&便利で
"信頼"こそが最大の武器となる‼️
////////////////////////////////////////////////////////////


青山 裕一

代表取締役社長/コンサルタント/ビジネスプロデューサー

青山 裕一

京都の呉服屋の長男として生まれ、洛南高校時代の恩師から教わった『社会の雑巾たれ』たる言葉を、人生の座右の銘として心に刻み込む。
社会人では、大手電子部品メーカーでアジア・ヨーロッパでのビジネスを経験し、東京海上時代は日本全国を駆け巡り、数々の賞を受賞する。
伝統工芸から先端テクノロジーまでのモノづくりとリスクマネジメントを知り尽くした上で、IT業界に入る。
今年でIT業界21年目を迎え、独自のマーケティング理論を駆使し、6,000を超えるWEBサイトを手掛けてきた経営者。
独自のWEB必勝法を伝授すべく日経BP社よりIT兵法本「5000サイト、200億広告運用のプロが教える 儲かるホームページ9つの兵法」を出版し、Amazonランキングで3部門1位を記録した。
また、マネジメント領域の会社経営においても、未経験、Non専門スキルの人材を積極的に採用し、特色豊かな人事制度を大胆に企画登用するなどして、人材育成において画期的な成果を上げ続けている。
講演や出版、寄稿の依頼が多数きているが、現状においては、全国の中小企業経営者様との面談を優先するため、すべてお断りする方針でいる。