2021.08.22

《 日課と週課の意味 》

人生観・生き様株式会社ガーディアン独り言

日課と週課の意味について

《 日課と週課の意味 》
(#僕の独り言 2021.08.22)


【毎日】最大155分(2時間35分)
❶お祈り
 👉家族、全社員、大事な人の名前を
 神社の社かお天道様に向かって、
 心で唱え、"元気"を祈るのだよ🤞
 👉所要時間:5分
❷お腹引っ込め大作戦
 👉お部屋の中で
 腹筋200回、5Kg鉄アレイ260回
 👉所要時間:30分
❸情報収集
 👉登録している
 300超のサイトから情報収集
 👉所要時間:総計30分
❹朝礼動画チェック
 👉毎朝の会社朝礼の様子をチェック
 👉各人の健康状態、モチベーションを
 具にチェック
 👉所要時間:10分
❺交換日記
 全社員との交換日記。
 日記の文字数は平均400字。
 提出期限は当日の23時59分。
 夜中にチェック&返信
 👉所要時間:45〜60分
❻SNS
 👉Instagram,Facebook,LINE,Twitter
 2日に一回は1000文字級の投稿
 👉所要時間:15〜20分


////////////////////////////////////////////////////////////


【毎週】最大22.5時間
❶読書
 👉ビジネス本、自己啓発本、兵法書、
 心理学書、哲学書を中心に週4〜6冊
 👉所要時間:総計10〜20時間
❷人脈形成
 👉毎週土曜日、普段会えず
 僕が会いたいと願う人と会う時間
 人生学習、人脈形成に役立てる
 👉所要時間:1.5〜2時間
❸週末ファイル
 👉一週間の会社情報のまとめファイル
 決裁、内容把握、指導を行う
 👉所要時間:30分


////////////////////////////////////////////////////////////


いずれも今の僕にとって
必要だと信じられることを
意識して"継続"して行なっている‼️


自分で決めたことを
できなければ、やらなければ、
自分に負けることになる‼️


やらない、できない言い訳は
いくらでも作れる‼️
だから、
言い訳はしないと決める‼️
その上でやると決めれば、
やり続けられるのだよ😁✌️


自分で決めたことをやれない人は、
人との約束も破る人❌
そして同時に、
言い訳の達人へと堕ちてゆく⤵️


日課や週課を持たぬ人は、
成長意欲に欠けた人である‼️
そんな人は、
流れ流されてゆくことが多い🌊
なりたい自分を持たぬ人だ‼️


僕は、
頑張る人が好き❣️
頑張ろうとしてる人が好き❣️
だって、
そんな人は例外なく、
明るい未来を信じてる人だよね❣️


逆にこんな人たちは大嫌い💔❌
・うじうじと下を向いてる人
・自分の可能性を信じない人
・自分が傷つくことだけを恐れる人
・嘘をついてでも見栄を守りたい人
・他人のせいにして他人を悪く言う人
・自分の殻に閉じこもろうとする人
・困難から逃げることしか考えない人


こんな人に共通しているのは、
謙虚さを失い、
自分では気づかぬ自己中に陥り、
ネガティヴ思考が支配し、
人様にも『暗』『闇』『病み』を
侵食させてゆくことだ‼️


僕が守ると決めた者に対しては、
そんなくだらん殻は
この俺様が叩き潰してやる‼️👊
僕が守るに値しないと決めた者は
その瞬間にリリース(手放す)か
こちらから全力フェードアウトだ‼️👋


なりたい自分を持ちし者よ‼️
なりたい自分へと
直接、間接的にリンクせし
日課と週課を定めなさい‼️
そして、
言い訳の余地を皆無にして
自分というモンスターと戦い続け、
愚直なまでに継続実践しなさい❣️


きっとその先に見えるよ‼️
なりたい自分に成るに至る道が‼️👀


君の努力を嘲笑う者とは
縁を切りなさい‼️
君の努力を阻害する要因を持つ者は
自分から遠ざけなさい‼️
そんな奴らは、
君の人生にとって何も良い事はない‼️


頑張れ👍💕

青山 裕一

代表取締役社長/コンサルタント/ビジネスプロデューサー

青山 裕一

京都の呉服屋の長男として生まれ、洛南高校時代の恩師から教わった『社会の雑巾たれ』たる言葉を、人生の座右の銘として心に刻み込む。
社会人では、大手電子部品メーカーでアジア・ヨーロッパでのビジネスを経験し、東京海上時代は日本全国を駆け巡り、数々の賞を受賞する。
伝統工芸から先端テクノロジーまでのモノづくりとリスクマネジメントを知り尽くした上で、IT業界に入る。
今年でIT業界21年目を迎え、独自のマーケティング理論を駆使し、6,000を超えるWEBサイトを手掛けてきた経営者。
独自のWEB必勝法を伝授すべく日経BP社よりIT兵法本「5000サイト、200億広告運用のプロが教える 儲かるホームページ9つの兵法」を出版し、Amazonランキングで3部門1位を記録した。
また、マネジメント領域の会社経営においても、未経験、Non専門スキルの人材を積極的に採用し、特色豊かな人事制度を大胆に企画登用するなどして、人材育成において画期的な成果を上げ続けている。
講演や出版、寄稿の依頼が多数きているが、現状においては、全国の中小企業経営者様との面談を優先するため、すべてお断りする方針でいる。