2017.01.11

即席SEOテクニック!

仕事ノウハウ技術話

本

Bodyタグ内におけるSEOテクニック

❶リストは、箇条書きで表記させ、手順系にはテキストで番号を振る。

❷段落は短めにすると良い!!

❸もっとも言いたい最重要ポイントは、冒頭から90文字程度でまとめるのが良い!

❹当該キーワードに対する類似・派生キーワードを
見出しテーマで使い、その類似・派生キーワードに関する
コンテンツの中で、当該キーワードを使うと尚良い!

《例》当該キーワード=【 たまご 】
見出し=【オムライスの美味しい作り方】
コンテンツ=オムライスという
派生キーワードだけでなく、
当該キーワードである《たまご》を
使って文章を構成すると良い。

❺文章量は、最低でも600文字/ページは確保しよう。
ただし、ヘッダー、フッター、サイドカラムの文字量はこれに含めない。


あと一息、検索順位を上げたいなら…
❻当該キーワードを
アンカーテキストにしてみよう!
つまり、当該キーワードにサイト内リンクを貼り付けてしまえ!
ってこと。

❻❼❽❾➓…また機会があれば(^_−)−☆


まあ、これらは、言い換えれば、コンテンツSEOテクニック!
騙されたと思って是非!


『 3週間でイイ予感 !』


✳︎これで何も検索順位が変わらなければ、
そもそもの基本的なSEO対策が出来てない可能性があります…>_<…

青山 裕一

代表取締役社長/コンサルタント/ビジネスプロデューサー

青山 裕一

京都の呉服屋の長男として生まれ、洛南高校時代の恩師から教わった『社会の雑巾たれ』たる言葉を、人生の座右の銘として心に刻み込む。
社会人では、大手電子部品メーカーでアジア・ヨーロッパでのビジネスを経験し、東京海上時代は日本全国を駆け巡り、数々の賞を受賞する。
伝統工芸から先端テクノロジーまでのモノづくりとリスクマネジメントを知り尽くした上で、IT業界に入る。
今年でIT業界21年目を迎え、独自のマーケティング理論を駆使し、6,000を超えるWEBサイトを手掛けてきた経営者。
独自のWEB必勝法を伝授すべく日経BP社よりIT兵法本「5000サイト、200億広告運用のプロが教える 儲かるホームページ9つの兵法」を出版し、Amazonランキングで3部門1位を記録した。
また、マネジメント領域の会社経営においても、未経験、Non専門スキルの人材を積極的に採用し、特色豊かな人事制度を大胆に企画登用するなどして、人材育成において画期的な成果を上げ続けている。
講演や出版、寄稿の依頼が多数きているが、現状においては、全国の中小企業経営者様との面談を優先するため、すべてお断りする方針でいる。