2017.01.05

スモールビジネスにおけるWEB成功八策

仕事ノウハウ技術話

スモールビジネス

スモールビジネスにおける自社サイトを成功させるためには、
下記の八策が有効となります。

① クリエイティブ・デザイン
② 更新利便性
③ サイト成績分析
④ サイト改善戦術
⑤ SEO対策
⑥ PR活動
⑦ SNSメディア活用
⑧ ブログ活用


① クリエイティブ・デザイン
かっこいいデザイン、お気に入りのデザインという意味ではありません!
むしろそれは自己嗜好であって、ビジネス思考ではない。
閲覧者を迷わせることのない、わかりやすいデザインのことを表しています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
② 更新利便性
いまどき、自分でホームページの更新ができなければ話にならないですよね。
つまり、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)が必須なのです。
何をどう更新していくべきかは、
③のサイト成績分析の結果が教えてくれます!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
③ サイト成績分析
こういうの苦手な人多いですよね!
しかし、決算書のない会社、メーターのないクルマと同じく、
これは絶対に不可欠な要素です。
全体分析と局所分析の両方ができないと、
最適解を導き出せない、ということです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
④ サイト改善戦術
サイト成績分析の結果、
何をどうすべきかという最適解に対する
アクション計画が必要となってきます!
これがP-D-C-Aの起点です。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
⑤ SEO対策
スモールビジネスにおいても自然検索からの流入要素は、
集客面において最重要課題の一つです。
もはやSEOも自分でデキる時代になりました。
しっかりとした学習と努力の継続は欠かせないという事ですね。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
⑥ PR活動
WEBメディア全盛のこの時代にあって、
企業PRにおいてもWEBメディアを活用することは、
もれなく重要な課題となるが実践されている企業は少ないでしょう。
最上の戦略はPR戦略と言っても過言ではないのです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
⑦ SNSメディア活用
もはや社会に定着してしまったSNS。
SNSを何もやっていない人を探す方が大変な時代。
しかしSNSはプラットフォームに非ず!
リアルタイムな情報拡散における最重要ツールです!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
⑧ ブログ活用
サイト外に設置するブログは新規集客に向き、
サイト内に組み込むブログはリピート集客に向く。
どちらにせよ情報ストック効果があるため、
情報整理を行うことでSEOにも効果が派生するのです!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

この手のノウハウは何でもそうなんですが、
『適切な準備』『やるかやらないか』にかかっているという事ですね!

青山 裕一

代表取締役社長/コンサルタント/ビジネスプロデューサー

青山 裕一

京都の呉服屋の長男として生まれ、洛南高校時代の恩師から教わった『社会の雑巾たれ』たる言葉を、人生の座右の銘として心に刻み込む。
社会人では、大手電子部品メーカーでアジア・ヨーロッパでのビジネスを経験し、東京海上時代は日本全国を駆け巡り、数々の賞を受賞する。
伝統工芸から先端テクノロジーまでのモノづくりとリスクマネジメントを知り尽くした上で、IT業界に入る。
今年でIT業界21年目を迎え、独自のマーケティング理論を駆使し、6,000を超えるWEBサイトを手掛けてきた経営者。
独自のWEB必勝法を伝授すべく日経BP社よりIT兵法本「5000サイト、200億広告運用のプロが教える 儲かるホームページ9つの兵法」を出版し、Amazonランキングで3部門1位を記録した。
また、マネジメント領域の会社経営においても、未経験、Non専門スキルの人材を積極的に採用し、特色豊かな人事制度を大胆に企画登用するなどして、人材育成において画期的な成果を上げ続けている。
講演や出版、寄稿の依頼が多数きているが、現状においては、全国の中小企業経営者様との面談を優先するため、すべてお断りする方針でいる。