2022.05.28

《 指示を出す者の責任 》

仕事心得株式会社ガーディアン独り言

指示も出す者の責任について話す青山

《 指示を出す者の責任 》
(#僕の独り言 2022.05.28)


上司が部下に指示を出す‼️


組織において、
毎日、常時発生する
代表的な"日常茶飯事"なのだよ‼️


❶アホでも個人が絶対に出来るレベル
❷個人が調べて完遂するレベル
❸個人が他とやり取りして完遂するレベル
❹個人が考えて完遂するレベル
❺個人が新たな努力をして完遂するレベル
❻アホでもチームが絶対に出来るレベル
❼チームが調べて完遂するレベル
❽チームが他とやり取りして完遂するレベル
❾チームが考えて完遂するレベル
➓チームが新たな努力をして完遂するレベル


このように、
指示される内容のレベルは10に分類できる‼️
一つの指標は、
個人への指示かチームへの指示か‼️
もう一つの指標は、
レベルによって完遂率が異なること‼️


そして、
指示を出す側の者が
絶対に間違ってはならないのが、
【❻アホでもチームが絶対に出来るレベル】
なんてものは、
『存在しない❗️』ってこと‼️
複数の人間が絡み合って為す事に
"絶対"は存在しないのだよ‼️


つまり、
【❻アホでもチームが絶対に出来るレベル】
と思われしレベルは、
❼〜➓に例外なく
派生分布されなければならないのだよ‼️


指示には、
『指示を出す者』と
『指示を受ける者』が必ず存在する‼️


指示を受ける者の義務と責任は、
指示を受ける時、
指示者の"意図"を汲み取り、
指示の"ゴール"を明確にしなければならない‼️
指示を受けてしまえば、
報連相の"義務"が発生し、
完遂の"責任"が発生するのだよ‼️


一方、
指示を出す者の義務と責任は、
指示を受ける者の
指示理解への努力を阻んではならない‼️
そして、
如何なる指示であっても
指示の答え『完遂形の明確なイメージ』を
予め持ち合わせていなければならない‼️
明確な答えなき指示は、
指示者としての
責任を放棄していることに他ならない‼️
そんな指示者の指示を
"まっとう"しようとする者など、
まともな組織には存在しないのだよ‼️❌


明確な答えなき指示は、指示に非らず‼️
それは単なる相談、
もしくは、
依存による嘆願に過ぎないことを
指示を出す者は自覚していなければならない‼️


組織における
指揮命令系統を正しく理解するなら…
指示者はその義務と責任を、
指示を受ける者もその義務と責任を
互いにまっとうし合う姿勢を
予め持ち合わせていなければ…
指揮命令系統は断絶され、
報連相は迷走を繰り返し、
コミニュケーションを徹底されず、
チーム思考力は機能せず、
たちまち組織は崩壊へと向かう⤵️💦


指示における初動は、
必ず『指示を出す者』によって始まる‼️
だからこそ、
指示を出す者の義務と責任は重いのだよ‼️
この"重さ"があるからこそ、
指示は正しく遂行されるのだよ😊✌️


間違っちゃいけないよ‼️⚠️
指示の重さとは、
決して"圧"の強さではないのだよ😅💦


組織における指示を出す者は、
指示を受ける者のことを信じて、
指示を明確に、
指示を受ける者の理解努力を尊重し、
指示の受けた者からの報連相を管理し、
指示の完遂を待たねばならない‼️
そして、
指示を完遂してくれた者に
言葉に表して感謝をし、
称えなければならない‼️


どうか、
これらのことを忘れぬように❣️


青山 裕一

代表取締役社長/コンサルタント/ビジネスプロデューサー

青山 裕一

京都の呉服屋の長男として生まれ、洛南高校時代の恩師から教わった『社会の雑巾たれ』たる言葉を、人生の座右の銘として心に刻み込む。
社会人では、大手電子部品メーカーでアジア・ヨーロッパでのビジネスを経験し、東京海上時代は日本全国を駆け巡り、数々の賞を受賞する。
伝統工芸から先端テクノロジーまでのモノづくりとリスクマネジメントを知り尽くした上で、IT業界に入る。
今年でIT業界21年目を迎え、独自のマーケティング理論を駆使し、6,000を超えるWEBサイトを手掛けてきた経営者。
独自のWEB必勝法を伝授すべく日経BP社よりIT兵法本「5000サイト、200億広告運用のプロが教える 儲かるホームページ9つの兵法」を出版し、Amazonランキングで3部門1位を記録した。
また、マネジメント領域の会社経営においても、未経験、Non専門スキルの人材を積極的に採用し、特色豊かな人事制度を大胆に企画登用するなどして、人材育成において画期的な成果を上げ続けている。
講演や出版、寄稿の依頼が多数きているが、現状においては、全国の中小企業経営者様との面談を優先するため、すべてお断りする方針でいる。