2021.09.20

《 想定と想像が為すもの 》

仕事心得仕事ノウハウ

想定と想像が為すもの

(#僕のknowhow 2021.09.20)


ビジネスにおいて、
先を読み、
先に備えることは
極めて重要なことだ‼️


"段取り八分"なる言葉
僕は、真の箴言だと信じている‼️


これがなければ
すべての仕事が
場当たり的なものに陥ってしまう😓💦


ビジネスの成否の8割を決める
"段取り(準備)"を司るのが、
『想定』と『想像』なのだよ‼️


今日の投稿では、
この『想定』と『想像』について
僕なりの考えを語る‼️


想定とは、
"仮定"であり"仮説"を導く💡
想像とは、
"推測"であり"インパルス"を導く💡


想定の範囲は、
小さいが、その分明確である‼️
ゆえに、
深さと緻密さを必要とする‼️


想像の範囲は、
大きいが、その分不明確である‼️
ゆえに、
広さと早さを必要とする‼️


まとめると下記のようになる‼️
////////////////////////////////////////////////////////////
想定
 ≒仮説
  ⇒施策(具体的な策を用意できる)
   ⇒対処(業務に落とし込める)
    ⇒処置(ルールで規定できる)
////////////////////////////////////////////////////////////
このように『想定』は、
ルールを以って段取りが可能であり、
"仮説"に対するルールが
緻密であればあるほど
経験や能力が劣る人材でも
所定のルール通りに
業務を遂行することで
十分に処置ができることになる‼️👍


////////////////////////////////////////////////////////////
想像
 ≒推測
  ⇒対策(備えは用意できる)
   ⇒対応(臨機応変な行動)
    ⇒行動(報連相の精度が鍵)
////////////////////////////////////////////////////////////
このように『想像』は、
臨機応変さが必要となり、
"推測"に基づく対策は存在するものの
その"対応"は、
正しい状況判断に基づく
臨機応変な行動が必須条件となり、
経験と能力に優れた人材が必要となる。
ゆえに、
組織内における報連相の精度が
対応の成否を握る鍵となる‼️⭐️


こうして考えてみると、
ビジネスにおいて
『想定』と『想像』は
予め区別しておかねばならないことであり
決して混同してはならない‼️


ゆえに、
事前の備えを考える上で、
頭を働かせる役目を負う者は、
常に『想像』の範囲を広げ、
常に『想定』の深さを求めた上で、
想定の範囲を広げなければならない‼️
決して外郭にある『想像』の範囲を
停滞させてしまっては、
突然リスクに襲われることになる‼️

青山 裕一

代表取締役社長/コンサルタント/ビジネスプロデューサー

青山 裕一

京都の呉服屋の長男として生まれ、洛南高校時代の恩師から教わった『社会の雑巾たれ』たる言葉を、人生の座右の銘として心に刻み込む。
社会人では、大手電子部品メーカーでアジア・ヨーロッパでのビジネスを経験し、東京海上時代は日本全国を駆け巡り、数々の賞を受賞する。
伝統工芸から先端テクノロジーまでのモノづくりとリスクマネジメントを知り尽くした上で、IT業界に入る。
今年でIT業界21年目を迎え、独自のマーケティング理論を駆使し、6,000を超えるWEBサイトを手掛けてきた経営者。
独自のWEB必勝法を伝授すべく日経BP社よりIT兵法本「5000サイト、200億広告運用のプロが教える 儲かるホームページ9つの兵法」を出版し、Amazonランキングで3部門1位を記録した。
また、マネジメント領域の会社経営においても、未経験、Non専門スキルの人材を積極的に採用し、特色豊かな人事制度を大胆に企画登用するなどして、人材育成において画期的な成果を上げ続けている。
講演や出版、寄稿の依頼が多数きているが、現状においては、全国の中小企業経営者様との面談を優先するため、すべてお断りする方針でいる。