2021.09.19

《 僕の子育て論 》

独り言

僕の子育て論

(#僕の独り言 2021.09.19)


////////////////////////////////////////
三つ子の魂百まで
////////////////////////////////////////


僕は、
3歳児は天才だと思っている💡✨
おそらく人生において、
最も多くのことを
吸収し体得する歳なのだよ‼️
『自我』が芽生え、
分別、判断が備わってくる。


この時期に、
育成者としての親の役割は
最も大事となるのだよ‼️


親の言うことをきく子が
良い子とする親は、
きっとまともな親ではない‼️
誰のおかげで
親になれたのかを忘れているのだ💢


幼き子を持つ親の方に
是非とも僕が行ったことを伝えたい‼️


3歳になった娘を呼び出し、
僕が正座をして、娘にも正座を促す。
大事な話をするときの
我が家のシキタリみたいなものだ。


僕は娘にお願いをした。
////////////////////////////////////////////////
『パパからは
きっと最初で最後のお願いになります。
 今から3つのことを言います。
 どうかパパの目を見て約束してください。
❶ 人と会ったら【ご挨拶】をしましょう
❷ 人に呼ばれたらその人の顔を見て
 【お返事】しましょう
❸ 外から帰って来たら玄関で
 【履物を両の指で揃えましょう】


 どうですか⁉️
 パパと約束してくれますか⁉️』
////////////////////////////////////////////////


❶挨拶、❷返事、❸整理整頓
この3つが自然とできる者は、
❶人様から好かれ、
❷人様から信用を得られ、
 自分を信じる(自信)ことができ、
❸事象の整理ができ賢明に
 物事をキチンと前へ進められる
そんな人間へと育つのだよ❣️⤴️


これは今は亡き、
母校洛南高校の三浦俊良校長先生から
結婚したときに直接教わったことだ‼️  

  
大人になっても…
・人から好かれず孤立する人
・頑張れない人
・続けられない人
・必ず自分に負ける人
・掃除ができない人
・何をするにも場当たり的な人
って、
こうゆう躾が
育つ過程(家庭)で
成されていない人なのだよ‼️


その上で、僕は、
【幼稚園】は必ず宗教系の私立に
通わせると決めていた。
それは、何の宗教だろうが、
必ず一本筋の通った
教育・躾をするからなのだよ‼️


そして、その幼稚園では、
僕自身が、二人の娘とも
送り迎えを一日も欠かすことなく
毎日継続し続けた👣💕
送りが終わったら家で事務仕事、
迎えが終わってから外出して仕事。
その送り迎えの時間中、
娘たちからの話を聞いてやる事が
何よりも大事なのだよ‼️


だから、
親子は仲良しのままでいられる❣️


そして、
娘たちと接するにあたり、
大事にしたことは、結果よりもプロセス。
つまり、
頑張ろうと思う気持ちを大いに称え、
頑張ってる姿に大いに敬意を払い、
どんな結果であろうと
プロセスを称え続けてきている❣️


悪い結果のときもある。
その原因は、努力をしたか⁉️
しなかったか⁉️
努力をしたなら、
『結果は残念だったけど、
 頑張ったなら
 次に結果が出るといいね❣️』
努力を怠ったなら、
『まぁ、
 努力してないんだから当然だよな‼️
 それで良い結果を求めるなんてなぁ…』


そして、
『何をしたらパパに叱られるのか‼️』
を優しい語りで、
事ある毎に徹底的に理解させてきた。
(母親をバカにする、友達をバカにする、
社会的なルールを安易に捉える)
同時に、
『パパが怒ることはきっとないよ‼️』
とも…


叱ると怒るの違いを
3歳から理解させてきたつもりだ。
そして、その通り、
未だに怒ったことはない😊✌️


娘たちが何をやるにしても、
自分で考えさせ、自分で決めさせてきた‼️
頭ごなしに『ダメだ❌』が
先行することはなく、
『お前を信じていいな‼️』と
意志を問うた上で、
全面的に肯定し、応援してきた📣


学校行事、保護者会にも、
ほぼ僕が参加し続けたのだよ‼️


本当に助かったのは、
家人がいざというときは僕を立ててくれ、
僕の判断に従ってくれたことだと思う💕


子育ての中で最も大事なことは
夫婦喧嘩をしないことだ‼️
このことを肝に銘じている僕ら夫婦は、
ただの一度も喧嘩をしたことがない‼️


振り返ってみると、
そんなことが今の娘たちを見て、
子育てについて思うことなのだよ😊✨


子育てとは、
"情操教育"そのものなのだよ❣️


青山 裕一

代表取締役社長/コンサルタント/ビジネスプロデューサー

青山 裕一

京都の呉服屋の長男として生まれ、洛南高校時代の恩師から教わった『社会の雑巾たれ』たる言葉を、人生の座右の銘として心に刻み込む。
社会人では、大手電子部品メーカーでアジア・ヨーロッパでのビジネスを経験し、東京海上時代は日本全国を駆け巡り、数々の賞を受賞する。
伝統工芸から先端テクノロジーまでのモノづくりとリスクマネジメントを知り尽くした上で、IT業界に入る。
今年でIT業界21年目を迎え、独自のマーケティング理論を駆使し、6,000を超えるWEBサイトを手掛けてきた経営者。
独自のWEB必勝法を伝授すべく日経BP社よりIT兵法本「5000サイト、200億広告運用のプロが教える 儲かるホームページ9つの兵法」を出版し、Amazonランキングで3部門1位を記録した。
また、マネジメント領域の会社経営においても、未経験、Non専門スキルの人材を積極的に採用し、特色豊かな人事制度を大胆に企画登用するなどして、人材育成において画期的な成果を上げ続けている。
講演や出版、寄稿の依頼が多数きているが、現状においては、全国の中小企業経営者様との面談を優先するため、すべてお断りする方針でいる。