2017.01.05

競合をなくすビジネス戦略

マネジメント仕事ノウハウ

航海

ビジネスにおいて競争志向は極めて重要です。
どこに目をつけてビジネスをするか!という事ですね。

僕らがいるWEBのモノづくり業界においては、
未だ群雄割拠、無法地帯といった様相を呈している。
故に、競合他社に勝つための戦術は極めて高いレベルが必要となる。
  
戦略になんて優劣はない!
戦術にこそ優劣が存在する。
  
しかし、
僕がハイレベルな勝てる戦術を策定しても、
戦術理解レベル、戦術実践レベルは、
社内のメンバーにかかってくるのです。
  
我がガーディアンにおいて、
残念ながら、
このハードルはかなり高いのです(>_<)
  
  
という事で、
僕が考え出した戦術は、
『競合をなくしてしまうこと!』です。
     

9つの兵法

【競合をなくす=駆逐的な勝利】ではなく、
【競合をなくす=競争をなくす】という事。
つまり、
【競合をなくす=競争の無力化】である。
    
競合に対抗上、
極めて大きな犠牲を強いる戦術を練り上げて、
掃討でもなく、駆逐でもなく、略奪でもなく、
『同盟』を持ち掛けるのです!!
    
その同盟は、
競合にとっても都合が良く、
かつ、顧客にとっても都合が良い!
   
そんな形の同盟なら、
『三方よし』の理屈がキチンと働き、
核としてのガーディアンがガチっとしてれば、
同盟の輪は大きく回り出す!!
   
マーケティングの要諦はポジショニングにあり、
戦術が戦略を決定づけ、
戦略が戦術を指揮するのです!!
    
日本国内において、
この戦術が機能するれば、
第一段階をクリアすることになる。
しかし、
それだけでは単なるガラパゴス化に過ぎない。
   
国内限定の戦略・戦術を以って、
日本で上手くいったからといって、
安易に海外に進出しても上手くいくわけがない。
そのことはあらゆる業界の先人たちが
多大な犠牲を払って教えてくれている。
  

   
そう!!
真の競合は『世界』にいるのです!!
   
そう!!
我らが戦術⇒戦略は、
『世界』に打ち勝つものなのです!!
   
だから、この戦術レベルは極めて高い。
しかし、戦術理解、戦術実践レベルは低く抑えた。
したがって、
実際に戦術を実践する
企業同盟軍は強固で強大なものとなるのだょ。
   
知力で世界を凌駕し、
全日本同盟軍による力の原理を活かす!!
   
世界よ!
日本のモノづくりをなめるなよ!

そんな気分です♪

青山 裕一

代表取締役社長/コンサルタント/ビジネスプロデューサー

青山 裕一

京都の呉服屋の長男として生まれ、洛南高校時代の恩師から教わった『社会の雑巾たれ』たる言葉を、人生の座右の銘として心に刻み込む。
社会人では、大手電子部品メーカーでアジア・ヨーロッパでのビジネスを経験し、東京海上時代は日本全国を駆け巡り、数々の賞を受賞する。
伝統工芸から先端テクノロジーまでのモノづくりとリスクマネジメントを知り尽くした上で、IT業界に入る。
今年でIT業界21年目を迎え、独自のマーケティング理論を駆使し、6,000を超えるWEBサイトを手掛けてきた経営者。
独自のWEB必勝法を伝授すべく日経BP社よりIT兵法本「5000サイト、200億広告運用のプロが教える 儲かるホームページ9つの兵法」を出版し、Amazonランキングで3部門1位を記録した。
また、マネジメント領域の会社経営においても、未経験、Non専門スキルの人材を積極的に採用し、特色豊かな人事制度を大胆に企画登用するなどして、人材育成において画期的な成果を上げ続けている。
講演や出版、寄稿の依頼が多数きているが、現状においては、全国の中小企業経営者様との面談を優先するため、すべてお断りする方針でいる。