2017.06.04

仕事心得

【サイト変化から見るAmazonの歴史】

ちょっと興味があったので、
余暇の時間でAmazonを探索♪


ここ数年で
飛躍的に成長・拡大を遂げているAmazon。

日本の通販市場において、
圧倒的なNo.1の通販サイトを持つ企業。


その絶対的な通販機能に加え、
下記のような新サービスも続々提供中(;・∀・)

◎頼んだ当日に届くAmazon prime now
◎ボタンを押したら商品が届くダッシュボタン
◎超低額で映画やドラマ,音楽が楽しめるprimeサービス
◎AWSやレジを不要にするAmazon Go


・・


でも、
1995年の創業当時は、
ただの本屋だったという事実


◎2001年当時のAmazonサイト

2001年


◎2017年現在のAmazonサイト

2017年


たった20年足らずで、
ここまでの変貌を遂げる企業は多くないと思います。


2002年には、
本屋を脱し、次々と商品ラインナップを増やし、


2009年には本屋の見る影無し。
完全に総合ECマーケットへの道のりを歩みだしています。


日本の物販のEC化率が、
まだ5~6%という事を考えると、


今後も、
Amazonは加速度的に、
成長してしまうじゃないかと(;^ω^)


もう気になってしょうがない!(笑)


という事で、
創業当時から現在まで、
Amazonサイトの変化をたどってみましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ


資料にまとめましたので、
知識として興味がある方は是非(*^^)v



有本 直樹

マーケティング部 地方進撃・追撃隊 隊長 札幌事業所 WEBコンサルタント

有本 直樹

「webサイトは事業そのものである!」というコンセプトの元、300を超えるwebサイトの企画,設計,マーケティングに携わる。その後、2015年6月よりガーディアン社のコアテクノロジー「OWLet」の普及に専念。パートナー企業様、エンドのお客様双方の事業支援を行う。