古関夢香 様
(ブリジット出版株式会社 代表取締役)

「ホームページをつくったのに、まったく機能していない」
という声をよく聞きます。

それは、依頼した相手が悪かったのかもしれませんが、依頼する側がホームページの構成や、売れるサイトとはどういうものかをわかっていない点にも、問題があると思っていました。なので、自分がホームページの制作を依頼する前に、まずは「売れるホームページとはどういうものか」とか、「ホームページでなにができるのか」などを学ぶ必要があると感じていました。

ところが、ネットで調べてみると、ブログや業者の記事がいくつも掲載されているのに、どれも抽象的でよくわからない。マーケティングやインターネットのコンサルタントに聞くと、高額のコンサル料を払えという。しかも、彼らはホームページの専門家ではないため、たんなる理屈の説明であって、要点を得ないものでした。

そんななか、ちょうどタイミングよく「WEB学校」の招待をいただきました。

WEB制作会社の主催ですし、無料のセミナーであることから、最後はやはり「うちに発注してください。いま申込めば○割引き!」というお決まりのセールスがあるだろうと、一応の覚悟はしていきました。


正直なところ、ホームページ制作を依頼するときは、自分で納得して決めたいと思っています。内容についてもそうですが、制作会社の考え方など、信頼できる会社を見つけたい。そうでないと、オーダーする際に、どんなものを望んでいるのかを伝えることができないし、できあがったものがいいのかどうかも判断できないからです。

なので、セールスされるのは覚悟のうえで、とりあえず話を聞いてみようと思いました。


実際にWEB学校に参加してみると、そんな心配はまったく不要だったとすぐに思い知ります。2時間にわたり、プロの説明を聞くことができ、これから自分が押さえるべき課題が明確になりました。スタッフはみな親切で、へんなプレッシャーをかけられることもなく、私の質問にも丁寧に答えてくれました。

WEBのことは難しいイメージがありますが、WEB学校はかしこまった感じではなく、むしろふだん使っている事務所の中で、社内のデザイナーさんたちと一緒に学べることが楽しく、気分的にラクです。


そんな雰囲気から、このセミナーが営業のためではなく、本当に知識をつけて役立ててほしいという想いで開催されていると実感できます。

私は「科学されたWEBデザインの威力」と「コンテンツ・マーケティングの基礎」の回に参加しました。
どちらも興味があることでしたが、参加したことで、サイトを通じてなにをしていけばいいのかが把握できました。

ホームページは作ってからがスタートだと思います。
なぜなら、それを運用していくのは私自身ですし、それを使って目的を達成していかなければ意味がないからです。

そして、サイト制作はお金の問題ではないとも思います。
きちんと運用していけば、のちのち投資した金額を回収することはできるし、ものによっては大きな利益をもたらしてくれるはずです。

だからこそ、まずは自分が知識をつけ、どんなサイトをつくるのか。
そのイメージをしっかり持つことが先決でしょう。

とすれば、先にWEB学校に参加するというのは、まっとうな順番であるはずです。

そして、信頼できる専門家がなによりも大事だと思います。
自分たちの利益のためではなく、依頼主と制作サイドの両方がいい結果を得られるように導いてくれる、安心して付き合える相手がいたら心強いはずです。

ガーディアンはまさにそんな会社だと実感しています。

青山さんとバッファローマンさんの漫才のようなからみは、どこまで本気かウソかわかりませんが、それも居心地のよさをつくっている大事な要素のように思います。

Contact お気軽にお問合せください

電話でのお問合せ
フォームでのお問合せ

Connect つながり

WORKS

  • OWLetの実績ーファッション
  • OWLetの実績ー商品紹介サイト
  • OWLetの実績ー物件紹介サイト
  • OWLetの実績ーサロンサイト
  • OWLetの実績ーインターン
  • OWLetの実績ーコーポレートサイト
  • OWLetの実績ーECサイト

PAGE TOP