沖縄を変えたい!地方創生への想いを胸に、ガーディアン東京本社で新卒入社。

date_range 2020/01/09
先輩社員へのインタビュー
濱道 れな
島袋あかり_紹介写真

2019年に沖縄から東京に引っ越し、沖縄の未来を変えたいと熱い想いを胸にガーディアンへ入社を決めた島袋。

初めての一人暮らしから、慣れないベンチャー企業での環境への不安を乗り越え、日々着実に成長し、マーケティング部として顧客支援業務を行っています。

入社前の自分

島袋あかり

学生時代は、経営学を専攻し、アルバイトではサービス業をしていたので
ITとはほぼ無縁の環境におりました。
厳しい環境でスキルを高めるために、上京しガーディアンに入社することを決意しました。

入社時の不安

島袋あかり

WEBに関する知識も経験も皆無であったため、会社にどう貢献していけばよいか漠然とした不安がありました。
また、地元を離れ、初めての一人暮らしであったため、
慣れない生活で社会人としてうまくやっていけるかとても心配でした。

不安解消のきっかけ

分からないことだらけで、不安な事ばかりでしたが、困ったことがあると、みんなが全力でフォローしてくれます。
社員同士みんな仲が良く、素敵な人達に恵まれたおかげで仕事でも私生活でも楽しく過ごせています。

現在の自分

島袋あかり

入社したての頃と比較すると、出来ることも増え、自分なりに成長したと感じています。
分からないことが多い分、調べたり、考えたりする機会を持てるので、
何かのレールに沿って仕事をするより、断然面白いですし、自身の成長に繋がると思っています。

未来のGUARDIAN'sへメッセージ

島袋あかり

ベンチャーと聞くと、「この先大丈夫かな?」「待遇とかどうなんだろう?」という不安が募ると思いますが、
ガーディアンには、
将来性があり、信頼できる仲間と、良いお給料に恵まれています。
美しい人事とも面接できます。未来のGUARDIAN'sと一緒に働ける日を楽しみにしています。

GUARDIAN’Sが語る