薄っぺらい記事はもう通用しない!真の価値あるコンテンツとは?

date_range 2024/02/29
GUARDIAN Marketing BLOG
石島 さやか
価値あるコンテンツ

近年、SEO業界を震撼させているのが、Googleコアアップデートの頻発です。

かつては年に数回だったものが、2023年に入ってからは毎月のように実施されるようになり、その数は過去最多に達しています。

この異例の事態に、多くのSEO対策をしながら記事作成している身としては驚きが隠せません。


一体、このアップデートラッシュの背後には、何があったのでしょうか?

あくまで私見のため、一意見として参考にしてください。

生成AIがもたらすSEO界の革命

その変化の象徴こそが、「生成AI」の台頭です。

ChatGPTをはじめとする生成AIは、人間の手で作成したコンテンツと見分けがつかないほど精度の高い文章を生成することができます。

かつて、SEO対策といえば、キーワードを詰め込んだだけの低品質なコンテンツを大量に生産することで上位表示を狙う手法が横行していました。

しかし、生成AIの登場によって、こうした低品質なコンテンツは簡単に量産可能となり、Googleにとって大きな問題となりました。

真の価値あるコンテンツを追求するGoogleの進化

生成AIの普及という危機に直面したGoogleは、検索アルゴリズムを強化し、真の価値あるコンテンツをユーザーに届けるために、コアアップデートを頻繁に実施するようになったのです。

アップデートの内容は、情報の信頼性、独自性、ユーザーにとっての価値など、コンテンツの質を重視したものとなっています。

SEO対策のためだけに作られた薄っぺらい記事は選別され、ユーザーにとって役立つ良質なコンテンツだけが生き残る時代が到来したのです。

真の価値あるコンテンツとは◯◯を意識すること

では、生成AI時代を生き抜くために、SEO担当者はどのような戦略を立てるべきでしょうか?


独自性のあるコンテンツを作成: 他にはない、オリジナリティあふれるコンテンツでユーザーを魅了。

独自の調査や取材に基づいた、信頼性の高い情報を提供することでSEO対策になります。


ユーザーにとっての価値を追求: ユーザーのニーズを徹底的に分析し、役に立つ情報を提供する。

これらの要素を意識することで、生成AIにも負けない、真に価値あるコンテンツを作ることができます。

Googleの評価基準は変化していないので、今までご紹介したSEO対策を引き続き意識して入れば問題はありません!

まとめ

Googleコアアップデートの頻発は、決してネガティブな変化ではありません。

むしろ、ユーザーにとってより良い検索体験を提供するための、Googleの進化の証と言えます!

変化を恐れず、常に進化し続ける姿勢こそが、生成AI時代を生き抜くための鍵となります。

SEOを意識したコンテンツ制作では、価値あるコンテンツ作りに力を注ぎましょう。

人物

広報インターンG!FIT 石島さやか

ネット社会、情報社会で生きる私たちは常に最新の情報を学んでいかないとすぐに置いてかれてしまいますよね💦

しかし、最新情報を知れる場所は沢山あります!

常に学び続けていく姿勢を大切にしていきたいです!