【ChatGPTより優秀】SEO対策するならBardが最強すぎる件

date_range 2024/02/20
GUARDIAN Marketing BLOG
石島 さやか
表紙

現在、使用している人が多いChatGPT。

しかし、Googleの生成AI「Bard」も近年急速に進化しています。


そもそも、生成AIという点では同様のサービスを提供しているChatGPTとBard。

価格はどちらも基本料金は無料となっています。

ChatGPTよりBardの方が優れている点を3つご紹介いたします。

1.Googleが出しているから

ChatGPTはOpenAI社が出しているのに対し、BardはGoogleが出しています。

SEO対策の主戦場はGoogleである為、SEO対策をする上で意識することはGoogleです。


Bardの方がGoogleの思考・思想に近寄りやすいため、GoogleのSEO対策において有利になる可能性があります。

自分がいろんな調査をした上で、他のアイデアが欲しい時にGoogleからヒントをもらえることがあるのでBardを積極的に活用しましょう!

2.Bardは最新情報を取得できる


Googleは、2000年代初頭からAI研究に積極的に投資しており、検索エンジンや広告、翻訳など、さまざまなサービスにAI技術を導入しています。

Googleは、世界中の検索クエリやユーザー行動などの膨大なデータを収集しています。

これらの最新情報が取れるかどうかはSEO対策においてとても重要です。


なぜ、最新情報が取れることが重要となるのでしょうか?


①検索エンジンに評価されるコンテンツを作成できるため: 

Googleは、ユーザーにとって有益なコンテンツを高く評価します。

すなわち、最新の情報に基づいたコンテンツを作成することで、検索エンジンに評価されやすくなります

②競合に勝てるため:

早く最新情報を把握することで、競合よりも有利なSEO対策を進められます。


この2点からも、最新の情報を追うにはBardが最適だということがお分かりいただけたと思います!

3.Bardの進化

もちろん、ChatGPTも進化しています。

ただ、Bardの方が進化しやすいです。

なぜなら、GoogleはBardの開発において、競合するOpenAIのChatGPTやMicrosoftのBing AIとの競争力を高めるために、

継続的な改善と機能追加を高頻度で行っているからです。


Bardが生成した文章に対してGoogleの検索結果と合わせて整合性をチェックしてくれる機能が追加されたり(英語圏のみ)

Bard使用時に正しい情報かどうかを自分で検索しなくて良いのがポイントです。

Google検索とBardが連携していることから、今後SEO対策時にBardは必要不可欠になってきます。

まとめ

Google一強時代の現在のSEO対策の最善策として「Google帝国の中で物事を考えること」だと思います。

ぜひBardを積極的に使用し、その進化に触れながらSEO戦略を強化してみてください。

人物

広報インターンG!FIT石島さやか

私自身、広報業務でChatGPTの使用頻度の方が圧倒的に多かったのですが、

Bardの汎用性の高さについて詳しく知っていくうちにChatGPTだけでなく、Bardも活用していきたいと思いました!

生成AIを上手に活用できれば、より読者を惹きつけやすい文章を短時間で作成することが出来ます。

これからも生成AIについての最新情報をお届けしていきますので、ぜひご覧ください!