【ハイリスクな選択】ChatGPTでSEO対策を行う危険性TOP3

date_range 2024/02/01
GUARDIAN Marketing BLOG
石島 さやか
表紙

進化を遂げる生成AI。

私たちの日常に欠かせない存在となりつつありますが、果たしてその先に潜む危険性は本当に理解していますか?


今回は、ChatGPTを用いたSEO対策にまつわるハイリスクな選択肢に迫ります。

この記事で紹介したリスクを踏まえた上で、上手く活用していきましょう!!

第3位 SEO戦略における最大の敵!ChatGPTがもたらすインデックス難の真実

インデックスとは「Googleの検索エンジンに登録される」こと。

Googleで検索して上位に書いた記事がなければ見つけてすらもらえません。

なので、インデックスされなかったら絶対に成果が上がらないのです。



生成AIが台頭してからインデックスされにくくなったという声が上がっています。

これではかけた労力が無駄に…


ChatGPTは既存データから回答を生成しているため、ありふれた情報しか出せません。

閲覧者が求めているのはオリジナル性のある回答や時代にあった新しい展開です。

Googleも、新しい価値を見出しているコンテンツを評価します。

既存データから回答を出すAIでSEO対策をすると不利になってしまうのは仕方がないことです。

このAIの特性を知った上でどのように新しい価値を生み出していくかを考えてプロンプトを作りましょう!

そして、公開後しばらくインデックス状況を定点観測することがおすすめです。


※生成AIに対してユーザーが入力する指示や質問

第2位SEO上位化してもコンバージョンしない

読者が商品やサービスに興味を持ち、最終的に問い合わせに至るまでのステップは非常に重要です。

しかし、ありふれたコンテンツでは読者の心をつかむことが難しく、ChatGPTが提供する回答で読者を動かすことはなかなか難しいこと。


そこで問われるのは、読者が自発的に問い合わせたくなるような魅力的な記事をどのように作成するかです


「この商品いいな」と思わせるだけでなく、読者に主体的なアクションを促す記事を作り上げましょう!

そのためには、ChatGPTを利用しながら、自社商品とのマッチングを図る工夫が求められます。

読者が知りたい情報や課題に焦点を当て、解決策として自社商品が提示されるような展開がおすすめです。


自社商品とChatGPTの相乗効果を最大限に引き出し、読者を引き込んで問い合わせに繋げられる工夫をしましょう!

第1位サイト全体の評価が下がる

WEB上での競争が激しくなる中、SEO対策において一つの大きな懸念が浮上しています。

それは、ありふれたコンテンツを使用したページが増えることで、サイト全体の評価が下がり、Googleによる順位の入れ替えが起こる可能性です。

Googleは「価値のある情報を提供しているサイト」を重視し、一方でありふれた情報が支配するサイトは評価を低く受ける傾向があります。

ChatGPTを活用する際には、毎回Googleサーチコンソールで生成されたコンテンツを確認することが不可欠です。

それによって、サイト全体の評価に悪影響を与えないように調整することができます。


バランスを取りながらChatGPTを活用し、価値ある情報発信を継続することで、サイトの評価を高め、

競争激しいウェブ環境での存在感を確立していきましょう。


※Google検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービス

まとめ

ChatGPTを使用したSEOにはリスクもありますが、上手に使用するコツもあります。

ChatGPTへの投げかけ(プロンプト)を工夫してインデックス状況も気にしていくとより多くの人に見てもらえるはずです。

本記事でご紹介した内容を踏まえて、ChatGPTの強みを積極的に活用していきましょう!

人物

広報インターンG!FIT石島さやか

いかがでしたか?便利なものにもマイナスな面もあります。

どのようにしてマイナスをなくしていけるかしっかりと考えていく必要があると感じました。

情報化社会に生きる私たちはこれからこのような便利なものを使いこなすスキルが重要になってくるのではないかと感じました。