【成績ガタ落ち】絶対やってはいけない!ChatGPTでのSEO対策TOP3

date_range 2024/01/30
GUARDIAN Marketing BLOG
石島 さやか
表紙

最近では、ChatGPT(生成AI)が多く使われるようになり、簡単に記事を書くことができます!

しかし、生成AIで作成することでマイナス効果が出る場合もあります💦

本記事では代替案もセットでお届けしますので、一緒にSEO対策バッチリの記事を作成しましょう!

SEOとは?簡単に解説

SEOとは、ウェブサイトやオンラインコンテンツが検索エンジンでより良い位置に表示されるように最適化するプロセスです。

簡単に言えば、検索エンジン(たとえばGoogle)がユーザーの求める情報を正確に見つけやすくするための手法のことです。


具体的なSEO対策には、適切なキーワードの選定、コンテンツの品質向上、ウェブサイトの技術的な最適化、外部からのリンクの取得などが含まれます。

これらの要素を組み合わせて実施することで、検索エンジンがウェブサイトを理解しやすくし、利用者に価値ある情報を提供することができます。


要するに、SEOはウェブサイトを検索エンジンとユーザーの両方にとって魅力的でわかりやすいものにするための取り組みです。


SEOの簡単な説明が終わったところで、早速本題の「chatGPTでのSEO対策」に移りたいと思います!!

絶対にやってはいけないChatGPTでのSEO対策 第3位

ChatGPTへの曖昧な指示


ChatGPTは理不尽な無理難題でも答えてくれます。

そのため、常に精度が高いわけではありません。

どういう目的か詳しく書かないとChatGPTはありふれたコンテンツを書いてしまいます。

取説だけの記事はGoogleは評価をしてくれません。


❌例:トイレリフォームについて記事を書いてください

→⭕️例:あなたはトイレリフォームの専門ライターです。

「トイレリフォーム」というキーワードで、Google検索で上位化されるような読み応えのある記事構成を提案してください。

作成時は起承転結を意識し、最後はトイレリフォームについて問い合わせをしたくなるようにしてください


こうすることで、指示者の求めている概要が伝わります。

具体的な指示があればあるほど精度が上がります。

なんでも答えてくれるChatGPTに甘えずに曖昧な指示はやめて明確な指示を目指しましょう!

絶対にやってはいけないChatGPTでのSEO対策 第2位

ChatGPTをそのまま活用


ChatGPTは既存のデータから学習しているため、新しいオリジナルコンテンツを提供することが難しいという一面があります。

一方で、自社の実績や情報を取り入れることで、より魅力的で効果的なコンテンツを生み出すことが可能です。

自社の強みや実績を組み込むことで、読者に対してより有益な情報を提供できます。


ChatGPTがもたらす曖昧な情報を、自社の専門知識や成果で具体的に補完することで、オリジナリティが際立ち、読者の関心を引きつけることができます。

自社で文章をいかにブラッシュアップしていけるかが大事です。

絶対にやってはいけないChatGPTでのSEO対策 第1位

類似テーマの量産


同じようなテーマで記事を量産してしまうと、Googleはどれがメインのページか分からなくなってしまいます。

全く関係ないテーマで書いても意味がないので、類似テーマではなく関連テーマで書きましょう。


関連キーワードを調べて(Googleキーワードプランナー)記事を書き、それを元にページを構築することで、ページは活かされつつも充実感が増します。

重要なのは量産ではなく、質の高いコンテンツを通じてサイトの強化を図ることです。

関連テーマを増やし、専門性を高めながら、より効果的なSEO対策を展開していきましょう!

まとめ

ChatGPTでやってはいけないSEO対策とその代替案に焦点を当てました。

記事を魅力的かつ効果的に構築するためには、明確な指示、自社の強みの巧妙な組み込み、関連テーマの緻密な構築が必要です。

これにより、ChatGPTを有効に活用しつつ、読者に価値ある情報を提供していきましょ

人物

広報インターンG!FIT 石島さやか

私たち広報もChatGPTを活用したことで、ライティングスピード、内容ともに使用前よりも格段に向上しました。

これからも積極的に使っていき、最新情報を皆さんにお届けしていきます♪